最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2015年06月11日

第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」



s-F.jpg


公開からだいぶ経ちましたがぼちぼち感想書いていこうかな。
その関係で追記ではなく普通に書きます。


本作は2年前に公開された前作「神と神」の直接的な続編。
なのでまず前作を見ていないと話にはついていけないっすね。


本作は原作やアニメ版「Z」でその圧倒的強さから作中のキャラも読者(視聴者)をも震え上がらせたカリスマ的強敵・フリーザが復活!
聞いただけでもゾッとしますよね。
しかも前作同様鳥山明先生監修に留まらず、初の脚本挑戦!


前作は、原作では補完されなかった魔人ブウ戦終了後からウーブと悟空の邂逅までの間が描かれていて、結末には納得いかないものの新たなドラゴンボールを打ち出してくれたな、と見事満足した作品でした。
対する本作。
実は本編を見る前から前作ほどの満足は得られないだろうなっていう確信があったりしました。


何故ならば、前作の直属の続編……つまり、原作終了直前の時系列においてフリーザが今更復活したところで悟空やベジータとの実力差はあまりにも大きく開きすぎてしまっているからです。
ドラゴンボールは、いはいるパワーインフレのひどい作品の代表例としてよく挙げられることがあります。
フリーザは登場当初こそ絶望感が漂う最強の敵でしたが、原作でのその後の扱いは「フリーザなんて雑魚」と言わんばかりの物言いでした。
アニメ版のZで見ても、地獄でセルとともに情けない負け惜しみをいうフリーザ、なんてシーンがあったりしましたね。結果的にそのシーンが本作と見事矛盾しているわけですが、本作は原作準拠っぽいから問題ないでしょう
だからこそ、ゴールデンフリーザはその穴埋めとして盛大に期待していました結果的には首をかしげる要素に。
というのも、フリーザが四ヶ月修行して得られたのがあの姿という設定でして。
この修行のシーンは全く描かれることなくカットされるどころか、「天才の私は修行なんてしたことない〜」というフリーザらしいセリフを言っているにも関わらず、プライドを捨てて修行した結果がこれかよ……と落胆でした。


そして、フリーザと戦ってる時の悟空やベジータはもう遊んでる感覚で戦っているようにしか見えないんですよね。
前作のビルスの立場に彼らが立っているというのだろうか。舐めプという表現を見事適していると言わんばかりの立ち回り。
鳥山先生は、前作のパンフレットで「震災などがあった今の日本で暗い話を提供したくない」と仰っていました。それ自体はいい考えです。
だがしかし、Zの頃のドラゴンボールてそういう暗い話……もとい、絶望からの大逆転!!!というのが面白かったんですよ。
フリーザ戦なんて特に顕著じゃないですか。
1000年に一度の超戦士・超サイヤ人が覚醒してやっと勝てた相手なんですぞ!?
「前作の結末には納得いかなった」というのは前述したとおりだと思うんですが、それは破壊神なんていう大層な存在のビルスに逆転勝利する悟空!っていうZ時代の作風にならずストレート負けしてエンド、だったからなんです。
まぁ、ビルスは前作から初めて登場したキャラクターだからまだ許容範囲です。
フリーザに関しては、そんなZの時代を代表するキャラクターなわけで。
現在の鳥山先生の描きたい作風には全くと言っていいほど適していない敵キャラなんですよね。
これによってどうマイナスになってしまったかというと、フリーザの存在そのものが滑稽なものにしか見えないことに。
ハッキリ言うならば、「フリーザが今更復活しても悟空やベジータの相手にはなりませんでしたまる」ってことなんですよねぇ……。
宇宙の帝王フリーザの威厳なんてあったもんじゃあなかった。


映画の番宣などで謳われていた「衝撃の結末!」……これは胸糞悪いオチの間違いでしたね。
具体的には、フリーザは戦いには負けたが勝負には勝ったという展開なのですが。
彼は誰よりも悟空を倒すことに執念を燃やしていたはずなのに、断末魔にやったことがあまりにもチンケすぎて萎えたということに留まらず。
全知全能の超越した存在・ウイスの同情によってこのフリーザ最期のあがきもなかったことにされあっさり倒してはいおしまい。感動も何もあったもんじゃあありませんでした。
地球は守られたが悟空とベジータは負けた。前作とオチは同じどころかむしろズルを正当化するという部分で納得できませんでした。
確かに魔人ブウ戦でもラストはドラゴンボール頼りというズルをしていましたが、あれは悟空とブウで実力差があったからこそのハンデと考えればまだ釣合います。
フリーザに関しては、余裕で倒せた相手であるにも関わらずズルをしたから明らかに釣り合っていないんですよね。
それに、ビルスとウイスはフリーザに「この戦いの邪魔はしない」って一言忠告していたにも関わらず最後にはこうでしたから……もう、どうしたもんかと。


とダラダラ書いてきてお分かりだと思いますが、満足するどころか不満の方が大きく募る結果になってしまいましたね。

良かった点が全くなかったわけではありません。
主に挙げたいのは鳥山先生らしからぬ巧妙な伏線が多々貼られていたことと、パンフやインタビューでもスタッフが豪語するアクションシーンのかっこよさでしょうか。
フリーザ復活というのは微妙な切り出しではあるものの、本作の話自体は原作のようなツッコミどころ満載な所は少なく、むしろ序盤に言ってたセリフが後半で大きな伏線につながるという構成力の高さに私は驚きを隠せませんでした。
上で書いた衝撃の結末に関しても、中盤辺りで伏線を貼っていたし、ビルスとウイスと地球の関係性から考えると(ぶっちゃけありえないけど)そうするのも自然だよなぁと思わざるを得ない所も事実ありました。
ちなみに個人的に本作でツボだったシーンは、クリリンの携帯の着メロがウィーアーだったところですね。私だけでしょうかね?w
アクションに関しては、Zの頃になるとほとんど活躍が見られなかった天津飯や亀仙人、別漫画からのジャコまでふんだんに盛り込まれていたりと中々に見ごたえありました。
なんで天津飯や亀仙人?と思う方も多いでしょうが、これは単純にフリーザ軍とZ戦士との間のパワーバランスの問題でしょうね。
入場者特典のFの巻で鳥山先生は「悟天とトランクスを出さなかったのは、未来の可能性を潰したくなかったから。」と言及していますが、私は単純にゴテンクスがいればそれで終わりじゃん、っていうツッコミ回避のための処置だったのだと解釈しています。
というかフリーザが地球滅ぼせば未来もクソもねーんだしその理由は意味が分かりませんよ。


そんなこんなでまとめると。
原作者が何もかも監修したからって、必ずしも作品が面白くなるとは限らないってことを体を張って体現した作品でした。
……いや「BLEACH地獄篇」なんていう前例もあったりするんですけどね( ̄▽ ̄;)
でもドラゴンボールの見所のアクションの良さは確実にあったし、何より中尾隆聖の恐ろしい悪役演技をスクリーンで聞けただけでも私はそれなりに満足はできましたです。
手放しで褒めることは決して出来ませんが、ドラゴンボールって昔の作品だよねとは思わせない、大きなポテンシャルを見せつけてくれたという意味では私は嫌いではありませんよ。
これの前にやってた3号や春のカーニバルのひどさに比べれば、大したことはなかったといったところでしたね。



次回も映画感想の予定。
追記は「キャラクターしりとり」です。御三家草タイプ


追記
posted by なたる at 15:09| Comment(1) | TrackBack(0) | プチ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」



movie_visual.jpg


映画感想第3弾の〆を飾ります!
公開中の映画につき感想は「追記」よりどうぞ!!!!



……の前にしりとりから!
今回はTwitterのフォロワーさんから募集かけたキャラクターです。
採用者の飯尾奈穂さん、ありがとうございましたー!!!!


-----------------------------------------------------------------


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
・今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」は、現在2種類ございます。お好きな方をどうぞ。なお、VOL順の方が見やすくなっています。
作品順
VOL順

VOL.458
(前回:ブハラ)

458ranti.jpg
ランチ
作品名:「ドラゴンボール」
単語:「ら」→「ち」
説明:来月に新作映画も公開される大人気漫画「ドラゴンボール」に登場するキャラクター。
本作の初期の頃に登場していたキャラクターの一人で、くしゃみをすると人格と髪の色が大きく変化するのが特徴。
具体的には、画像は通称「おとなしい性格」のランチであるが、1度くしゃみをすると金髪の「凶暴な性格」のランチに変化する。
「亀仙人」が「孫悟空」と「クリリン」に修行の一環で、ぴちぴちギャルを連れてこいという命令から二人が連れて帰ってきたことをきっかけにカメハウスを居候するようになりメインキャラクターの一角となっていた。
しかし第22回天下一武道会で初登場した「天津飯」に一目惚れしたことが転機となったのか、続く第23回天下一武道会での登場を最後に突如フェードアウトし、以降原作には完結まで一切登場することはなかった。
クリリン曰く「天津飯を追いかけてカメハウスを出て行った」とのこと(※アニメ版の「ドラゴンボールZ」ではオリジナルエピソードで時折登場することはあった。)。
後の原作者の鳥山明の証言によると、「天津飯と合流して一時は同居するほどの仲まで発展したようだが次第にうまくいかなかった」ということが説明されている。
声優は小山茉美氏。

-----------------------------------------------------------------


追記
posted by なたる at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | プチ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」

今回から3回ほど最近見てきた映画の軽い感想書こうと思います〜。
第一弾は「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」!!!!


poster2.jpg



こちらは今週円盤発売ということなので、追記ではなく普通に書きます。
ネタバレ注意でお願いします。


本作は1月17日より公開してましたスーパー戦隊VSシリーズ映画第7弾のお話です。
タイトル通りトッキュウジャーとキョウリュウジャーの新旧戦隊の共演作品なのですが。
一言で言うなら、いつものVSらしい無難な作りだったといったところでしょうか
前作は強大なレジェンドであるジュウレンジャーとアバレンジャー二大戦隊の客演が大きな話題を呼び本編もそれが中心となっていて、いまいちゴーバスターズ勢の影の薄さが否めませんでした(それでも見せ場はありましたが)。
一方で本作はそういう豪華な仕様というものは一切なく、トッキュウジャーとキョウリュウジャーの共演という従来の様式そのままでやっています。
これによってパワーダウン感は否めないかもしれませんが、違います。前作が異常だったのです。
なので個人的にはガッカリということは一切なく、豪華ではないがいつもどおりになったなぁという感じでございました。


意外とも言える特徴が、ロボット戦が中盤で1回だけしかなかったということ。
そこはそこで見所ではあるのですが、ラストバトルがロボ戦じゃないのは珍しいな、と。
一応ラスボスは巨大化するのですが、当のレンジャー側+αはロボットには一切乗らず等身大の状態で一斉射撃で葬るという展開に意表を突かれましたね。
これはこれでいい……けど、デビウスは「デーボスを生み出した全ての黒幕!」というにはパンチの弱い敵に思えてならなかったかなぁ。


売りにしていた子供トッキュウジャーは斬新だったなぁ。
過去回想でしかほとんど出てこなかった子供トッキュウジャーが本筋に遂に絡んだわけですが、本来の姿がこうだもんなぁと。
そして子供化が戻って大人状態になった時、決戦前夜で5人が不安がるシーンも印象的でした。
姿こそ大人だけど、やっぱり彼らは子供である事実は変わらないよなぁというのがこれでもかと伝わってきました。
キングが口をはさもうかと裏でモヤモヤしてるけど結局5人で結論づけて何も言わず去るのも良かったですねぇ。
あとはキャンデリララッキューロ!
平常運転というか、やっぱり出てきたし後半の共闘の伏線になっていたというストーリー的にちゃんと存在した意味があったのが素晴らしかった!!!!


恒例の新戦隊お披露目のニンニンジャーですが……アカニンジャーなんて言ってるか全く聞き取れないぞ(´・ω・`)
一応これニンニンジャー本編より前にアフレコしたっていう話なのである程度は致し方ないとしても、ちょっとガッカリでしたね。
ニンニンジャーの幸先が不安すぎるんだけどと思って本編1話見たら……。
去年のトッキュウジャーなんか劇場で笑いこらえるのに必死だったのにこの落差(・ω・`)
……といってもおととしのキョウリュウジャーの時も「大丈夫なのかこれ」って思った節はあったので、VSの時のファーストコンタクトって案外あてにならないものなのかもしれない?


まとめるなら特筆するほどの良さとかはありませんでしたが、かといって酷いわけでもない。
可もなく不可もない例年通りのVSシリーズでございました!!!!
戦隊は夏映画といい、こういう安定感が魅力的ですね。


次回は「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル」でーす。


追記は「キャラクターしりとり」です。透明なハゲ


追記
posted by なたる at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

第444話「レンタル作品プチ感想 第1回」

第443話
>メタブラーさん

いつもコメントありがとうございます!!!!


「PACHI PACHI PARTY」だ!
夏っぽくて今の時期にぴったりですね。
キュアフォーチュンがハニーのココナッツサンバを借りた脳内設定で聴くのもアリかもしれません。



成程、まさに中の人ネタですね!
ココナッツサンバのイメージ合う楽曲とは楽しみだなぁ〜(^O^)


カップリングの「Tomorrow」も静かな夏の夜を感じさせるバラードでこの時期に合ってますよね。
戸松さんのバラード好きとしてはかなり推せます。
良い買い物しましたね


まさに夏のためのシングルなんですねぇ〜。
ありがとうございます!
50円で投売りならこれは買うしかないだろってなりましたよ!
レンタルからのジャンクCDなのでレンタル品の証拠シールなんかが貼られていたりしますが些細な問題点ですよ〜!o(^▽^)o


-----------------------------------------------------------


試験期間中、時間が空いていたことや試験勉強の横で流す用に、ツタヤを中心にたくさんのDVDをレンタルしてました。
今回はその中で見てきた作品をメモ書き的な感想書いて列挙していきます。
感想は質重視ですが、プチ感想は量重視の方針でいっちゃいます!それでは




・アニメ
51yYIYMX-ML._SL500_AA300_.jpg
・ラブライブ!(第1期)-全話完走
フォロワーさん内で流行っていたのをきっかけに視聴。アイマスとは違う学生による素人感が出ていたのが新しかった。
昨今では「アイドルもの」が大人気(アイマス・アイカツ・Wake up Girls!・プリパラetc)みたいだが、この手の作品は話よりもキャラ重視の作風なのでキャラがハマれば面白く感じやすいのかも。
ちなみに私は絢瀬絵里ちゃん推しです。
元々彼女が可愛くて視聴したんですよねw
学年ごとのまとまりだと3年生がイイですね。
まとめ役の絵里陰ながら支える希ギャグ担当かつ熱い矢澤の姐さん(勝手にそう呼ばせていただいておりますw)と、バランスが良い。



512CDQEJ9HL._SL500_AA300_.jpg
・機動戦士Vガンダム-第8巻(第32話まで)
借り始めた数ヵ月後にアニマックスで放送始まったというトラブルはありましたが、気にせずレンタルで見ています。
アムロやカミーユよりも大分年齢が下げられた少年ウッソが主人公だが、ファーストやZに比べて仲間が死ぬ描写が凄惨なものが多く陰鬱な作品です。
主人公の初恋キャラが途中で様々な事情が重なって別人レベルで豹変したりと、当時の子供はこれを見て面白いと思えたのかという疑問が。
でも人気があったからGガン以降に続いたんだろうな。
MSの戦闘シーンは多めですが、従来のイメージに縛られない自由なデザインの敵MSたちが暴れまわっているのは見ていて面白いです。






・特撮
610pLqoy1+L._SL500_AA300_.jpg
・五星戦隊ダイレンジャー-第3巻(第15話まで)
元々「カクレンジャー」「カーレンジャー」「メガレンジャー」のいずれかが見たかったのだが、地元のツタヤだとカクレンが1巻抜け・カーレンが2〜3巻抜け、メガレンが置いていないという結果で、唯一全巻置いてあった本作をチョイスしました。(一応過去にファミリー劇場の再放送を視聴していたりします
気づいたら次の展開に行っているハイスピードな展開中国拳法をモチーフにしているだけあるのか格闘アクションが秀逸。
そして大連王も動きがカッコイイという「魅せる戦隊」なのが評価点ですね。
ただし物語の内容は突っ込みどころ満載。
戦隊で2話完結型の話が多めなのも珍しいかも。




Baidu IME_2014-7-18_23-13-58.jpg
「スラムダンク〜!」ってこれただの遠投だからwwww






・映画
41Akj+34s5L._SL500_AA300_.jpg
・東京物語
大学の講義にて講師が日本映画の傑作と豪語していたので視聴。
私はAVGNの影響で洋画を見始めたという話は何度かしているが、逆に邦画に対する興味が全くといってほどなかった。
そこで現れたのが大学の映画に関する講義で、こちらでは黒澤明や小津安二郎といった名監督に触れ、一番興味を持ったのが本作でした。
はっきり言うと、映画にすべき題材の作品ではない。
日常やそこから生まれる家族の絆を淡々と描いている。それだけの作品なので。
しかし、内容はとても感動的で奥深いことと、映像や演出が緻密に計算されたものとなっていて「夫婦のごく普通の日常」を描いた作品であるはずなのに、実際の映像は普通じゃないというアンバランスが面白い。今見ても色あせない傑作でしたね。
ただ、オススメできるかと言うとちょっと難しい。
映画としてみても映像として見ても方向性があらゆる映画とは真逆に向かっている。そんな作品。




51mGgD4V-uL._SL500_AA300_.jpg
・ガメラ 大怪獣空中決戦
平成ガメラ第1作。元々新作が公開されたゴジラを借りる予定だったのだが、なんと日本映画専門チャンネルにて全映画連続放送をしていたので、未視聴だった作品はそちらで全て録画。
その空きを埋めるために視聴したのが本作でした。
平成ガメラを見たのは幼稚園か小学校低学年位の頃だったので、全くと言っていいほど内容を覚えていませんでしたが、これほどの傑作を忘れていたのは惜しい!
ガメラ=人間の味方というのはファンの中での周知の事実でしょうが、私はそれすら覚えていなかったんです。
だからガメラが人間の味方=最終兵器と分かってからの展開がもう胸熱で……ラストのギャオスとの戦いは大興奮でした。
あまりにも素晴らしかったので、大学のプレゼンでこの映画を題材にしたくらいでしたw 
ちなみに、ガメラ2は私の地元が舞台になっている作品でかつ現在兄が働いている職場の先輩が出演しているとか。世界って狭いなぁ




41JjXh7N9JL._SL500_AA300_.jpg
・E.T.
大学の課題の題材に使うために視聴。
異星人と少年少女の交流や絆を描いた作品で、単なる子供向けと片付けるには勿体無いポテンシャルを秘めていました。
個人的には、ガーティがE.T.に最初教えた「B Good!」のセリフを、E.T.がラストの別れのシーンで喋っていたことが感動的でした。
「スターウォーズ」で聴き馴染みのあるBGM(作曲者は同じ方)の使われ方なんかも秀逸で、歴史的名シーンと名高い「満月をバックに浮遊しながら自転車を漕ぐエリオットとE.T.」も盛大なBGMをバックに描写されるからインパクトのある描写になっていました。
「グーニーズ」といい、子役がメインの洋画は名作の法則でもあるのですかね。




31P817X0RPL._SL500_AA300_.jpg
・シックスセンス
大学の課題で指定されたので視聴。叙述トリックを巧みに利用したサスペンス映画。
ラストの結末を知ることでこの物語の真の意味を理解できるというのは考えられていますし、真の意味を知ったからといってまた見て楽しめないどころか違った視点で見ることができるようになります。
むしろ周回視聴を前提とした作りになっているのは面白かった。





51MfLYIJdaL._SL500_AA300_.jpg
・ロボコップ2
1は2ヶ月ほど前に視聴。レンタル屋で見かけたパッケージで「なんだこの宇宙刑事ギャバン」と突っ込みつつ借りたのが本作でした。
1はもう文句なしの傑作と豪語するほど好きな作品になったので、それに続く形で本作を視聴。
前作ほど心が燃え上がるような盛り上がる展開は少なくパワー不足感は否めないかもしれませんが前作とは意図的に差別化してマンネリになっていなかった点は大きく評価したい。
具体的には、前作であまりにも強大すぎたロボコップが苦戦する展開が多いことや、前作であまり活躍しなかったロボコップの相棒ルイスが有能すぎる警察官にまで成長していたことなどが挙げられます。
ロボコップが警察官として仕事をしている姿も1より掘り下げられています。
マイナス点としては、前述通り前作と比べると取り立てて大きく盛り上がるシーンが少ないことや内容がより過激になっていてデトロイトという街の無法具合がすさまじくなっていることでしょうか。
ヤク中の犯罪者との戦いということもあってか、まともな人間はほとんどいないです。デトロイトこえええ((((;゚Д゚))))
また、隠れた評価点としては犯罪者グループの中で子供ながら残虐かつ狡猾な性格でロボコップを苦しめた少年(名前は分からない;)は妙に印象深かったですね。


Baidu IME_2014-7-28_6-22-53.jpg


アクション的にはバイクでトラックに特攻が一番すごかったかなぁ。




以上です!
追記は「キャラクターしりとり」です。なにげに初めてのプリキュアキャラになります。

追記
posted by なたる at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

第405話「『たまこラブストーリー』見てきました。」

Bb1vzVqIUAA3cVz.jpg


久々の映画感想です。今回は4月下旬より公開してます「たまこラブストーリー」になります!
本作はちょうど一年前に放送されていた深夜アニメ「たまこまーけっと」の続編となります。
当初、「ラブストーリー!?絶対面白くないだろ……」なんて思っていたのですが、世間の評判が良かったので気になって映画館行ってきました。


たまこまーけっとは商店街や学校でのたまこの交流を1クール=1年に見立て放送されていました。
たまこの何気ない日常に、デラちゃんと始めとする非日常要素を加え独特の空気を出した良作でした。
また、製作が良質なアニメーション作画に定評のある京都アニメーションで、監督は山田直子監督。
ほかのスタッフを見ても、アニメ好きにはご存知「けいおん!」のメンバーで手がけられているんですよね。
けいおん!も軽音部のとりとめのない日常の描き方に大好評を得た作品で、たまこまーけっとはまさにその系譜を受け継いだ作品でした。
大きな違いは原作があるかないかですね。

ところがどっこい。本作はこれらの作品の中である種「禁じ手」とも言われたことをテーマにした意欲作でした。
それは恋愛要素の導入。とはいっても、けいおん!に関しては女子高だったからってのはあるんですがw
そしてたまこまーけっとにその兆候がなかったと言えば嘘になります。
もち蔵がたまこに片想いしていたことは周知の事実ですね。
しかし、こちらに関してはデラちゃんたちとの交流を軸にした結果テレビ版ではオミットされてしまった印象を受けました。
そのテーマに全面から挑む姿勢はまさに攻撃的!
攻めに出たなぁと私も最初は戸惑いましたがそこはさすが京アニ勢。素晴らしい作品に仕上げていました。
このたまこともち蔵のピュアな恋愛は、かつて私にもあったような気持ちでした。そんな時のことを思い出してしまいましたね。
たまこがもち像に告白されて何が何だか訳がわからないという気持ちを前面に押し出した一連の演出秀逸の一言
場所もまたムードがありましたね。あの聖地、けいおん!のOPにも登場した場所なんですよね。(もしかしてうさぎ山商店街は京都にあるのか?)
本作は、映画版だからこそ意味のあった作品だったと思います。第2期やOVAなんかじゃダメ。映画という約90分の媒体だったからこそ許される展開。
たまこまーけっとはある意味で真逆の作風=非日常要素は完全にオミットされている)ですが、しっかり続編をやっていました〜。


追記は「キャラクターしりとり」です。中の人も亡くなってしまい思い入れの強いキャラです。

追記
posted by なたる at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。