最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2013年08月14日

第371話「2013年春アニメ総評」





ワイルドアームズ順調です。
いやぁ、予想通り面白い!
台詞回しはかっこいいしバランスも悪くない。謎解きが私の頭が悪いのでかなり苦戦していたりしますが;


やっと書き終わりました。
少し急ぎ目で書いたせいか、いつもより文章は少なめです。これが理想的だったりするのだが。

「追記」からどうぞ。


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」はこちら

VOL.292
(前回:サイバー・クジャッカー)

292chaos.jpg
カオス・ルーラー
作品名:「アンリミテッド:サガ」
単語:「か」→「ら」
説明:筆者絶賛プレイ中の隠れた名作RPG「アンリミテッド:サガ」に登場するキャラクター。
真人(※本編の時系列より前に存在していた種族)がコントロールしようとしていた混沌の力の支配者。
週末の日にその姿を現して世界の神と対峙し消滅したとされている。
しかし、本編の時間軸ではその神の力が弱まってしまったがために復活したという設定で、全ての主人公のラスボスとして君臨する。
なお、多くのカオス・ルーラーの紹介項目では「理由もなく唐突に戦闘が始まる」という説明がなされていることが多いが、正しくは混沌の力を手に入れる・近づこうとするものが全ての主人公のボスであり、ボスとの決着後は混沌の力に近づきすぎたことで彼ら自身がカオス・ルーラーとなって対峙しているという構図であるため、決して理由もなく突然現れるラスボスではないとのこと。
全3形態からなっていたり、使用する技はプレイヤー側で使用できるものと同じ技や術であっても効果が全く異なっていたり、前座(※カオス・ルーラー戦の前に必ず戦うボスキャラのこと。どの主人公にも存在し、このボスの強さこそがラスボス戦の難易度に直結しているとされている。)で使用していた技を使ってきたりと、まさに混沌と言わんばかりの性能である。
まさにラスボスの名に恥じない強敵であるという点は、「サガ」シリーズの名物といえるだろう。



追記

2013年05月20日

第355話「2013年冬アニメ総評〜日常作品黄金期〜」



続きまして、前期アニメ作品の総評となります。
その前にしりとり。


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意

VOL.277
(前回:乃莉)

277ri-ya.jpg
リーヤ
作品名:「金色のガッシュ!」
単語:「り」→「や」
説明:筆者がカードゲームで地区予選ベスト8経験のある「金色のガッシュ!」(及びTVアニメ版「金色のガッシュベル!」)に登場するキャラクター。
原作後期及びアニメ版最終章にて描かれたファウード編に登場する魔物。
パートナーの「アリシエ」が「ファウード」の呪いを掛けられたことにより、それを解除するためにファウードへ侵入し「ガッシュ」達と仲間となる。
最初は皆に傷ついてほしくないというガッシュの考え方を甘いと一瞥して厳しさを見せていたのだが、後にこれを撤回してガッシュの意志の強さを評価していた。
他の魔物にもありがちではあるが、パートナーであるアリシエを誰よりも尊敬しており、信頼している姿が見られた。
原作とアニメ版では結末は異なるものの、ファウード側の魔物の呪文をアリシエから庇って魔界へ送還されてしまうという結末は同じである。
呪文は、チャームポイントである角を主体とした攻撃をすることが多い。
アニメ版の声優は三石琴乃氏。


とても長いので追記からどうぞ。

追記

2013年05月15日

第354話「2012年秋アニメ作品(2クール)総評〜良作ぞろいの運命〜」



待ってる人はいないでしょうがお待たせしました。
視聴作品があまりにも多かったので、2クールと1クールで総評を別々に分けたいと思います。
今回はその中で去年の秋から今年の春まで放送していた2クール作品をピックアップしていきます。

その前にしりとり。


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意

VOL.276
(前回:チルノ)

276nori.jpg
乃莉(のり)
作品名:「ひだまりスケッチ」
単語:「の」→「り」
説明:Webラジオが毎月絶賛配信中である「ひだまりスケッチ」に登場するキャラクター。
作品の時間が一年経過した後に「なずな」と共にひだまり荘に入居した新入生。※原作では4巻、アニメ版では第3期1話から。
ひだまり荘で初のインテリ派の女の子で、彼女の要望によりひだまり荘にインターネット回線が繋がれたが、実質的に使用してるのは「乃莉」一人のみである。
思ったことをはっきりと言う性格という意味では、なずなと対照的。
また、なずなとは学年も同じことがあってか、一番仲が良い。
また、なずなの悩みを聞いて解決に導いてあげることも少ない。
普段は標準語で話しているが、ジモッティーの友達と会話をすると関西弁で喋る所が所が個人的には可愛い。
アニメ版の声優は原田ひとみ氏。


とても長いので「追記」からどうぞ。

追記

2013年02月06日

第299話「2012年秋アニメ及び夏アニメ(2クール継続)総評〜対象作品過去最低〜」

今回はタイトル通り対象作品が4作と非常に少なかったのですが、書いた時間自体は今までとあまり変わりませんでした。
逆に2クール継続物が非常に多いので、次回の総評はかなり時間がかかりそうです。


さて、本題に入りましょうか。長いので「追記」からどうぞ。

キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
・リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意
・新ルールとして、説明は約10文に収めるを追加します。(2011年12月26日追加)

VOL.221
(前回:ヤクト・ドーガ)

221gari.png
ガリ
作品名:「モンスターファーム」シリーズ(画像は「モンスターファーム2」のモンスターカードより)
単語:「が」→「り」
説明:(説明文は一番メジャーでありかつ人気である「モンスターファーム2」を準拠とする。)
オンラインゲームもあったがいつの間にかサービス終了していたゲーム作品「モンスターファーム」シリーズに登場するモンスターの一匹。
神の化身(修行中)と称されるモンスター種であり、デザインも仮面とマントだけというシュールなものになっている。
かしこさの適正が高い上にかしこさ技を多く覚える典型的な攻撃タイプのモンスター
反面、見かけ通りというのか防御面のステータスの適性は全体的に低い。
数多く存在するモンスターの中で育てにくいと言われており、寿命が全種族中最低値の上、修行で習得する技も多い(修行に行く=必要以上に寿命を減らしてしまうリスクが存在する)ことが要因に挙げられる上級者向けの種族である。
しかし、技の性能は素晴らしいものばかりで、育て上げれば圧倒的攻撃力で相手をねじ伏せるタイプとなって大会モンスターの無双も夢ではない。


===========================================================================

追記

2012年12月29日

第289話「2012年夏アニメ総評〜中原麻衣無双〜」

エヴァンゲリオン展の記事を予定していましたが、先にこちらが完成しました。
視聴した作品が今年の中で圧倒的に少なかったからですかね。(とはいっても本来更新しようと思っていた10月よりも2ヶ月以上経過しているのですが

次回…と言いたいところなのですが、次回こと今年最後の記事は2012年のなんでもベスト3を書く予定なので、エヴァンゲリオン展の記事は来年以降になると思います;;

というわけでやっていきましょうか。「追記」からどうぞー


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
・リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意
・新ルールとして、説明は約10文に収めるを追加します。(2011年12月26日追加)

VOL.211
(前回:アムロ・レイ)

211i.ryuhei.JPG
板垣竜兵(いたがきりゅうへい)
作品名:「真剣で私に恋しなさい!」
単語:「い」→「い」
説明:続編のアペンド版が欲しいけどDL版じゃなくてパッケージ版を買おうと思っている「真剣で私に恋しなさい!」登場するキャラクター。
長女のVOL.201「板垣亜巳」の弟にあたる板垣四兄弟の長男で、次女「板垣辰子」の双子の弟にあたる。
板垣三姉妹と異なり武術の心得は一切ないが、我流の喧嘩殺法でもそれなりの実力の敵と渡り合えるくらいの強者。本編ではリュウゼツランルートで大暴れをするも、本編序盤でボコボコにした「島津岳人」に返り討ちにあい敗北する。
常人とはかけ離れた性格の多い板垣家だが、彼の場合はガチホモという性癖を持っており幾度となく「直江大和」を狙っている。
特定の選択肢を選んだ状態で現れる「竜平についていく」を選ぶと竜平ENDとなり、大和がトイレで掘られるというガチホモエンドとなるがぶっちゃけ誰得。
ゲームでの声優はミシェル市山氏で、PS3版「R」及びアニメ版の声優は稲田徹氏。




追記

2012年11月29日

第279話「2012年冬・春アニメ総評〜ブツ切れのラスト〜」


今更過ぎる前々期の総評です。例のごとく長いです。編集にもえらい時間かかりました。
「追記」からどうぞ。


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
・リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意
・新ルールとして、説明は約10文に収めるを追加します。(2011年12月26日追加)

VOL.201
(前回:恙神涯)

201itagakiami.JPG
板垣亜巳(いたがきあみ)
作品名:「真剣で私に恋しなさい!」
単語:「い」→「み」
説明:しばらくしりとりでのキャラ率が高くなるであろう作品「まじこい」に登場するキャラクター。
無法者の集まり板垣家の四兄弟及び三姉妹の長女。棒術を駆使して戦う。
性格や言動からにじみ出ているように、SMクラブの女王として働いている。
「まじこいS」では「クッキー2」を見事なまでに調教し、「アーミー&ドッグ」としてタッグトーナメントに参加する。
「まじこい」では三姉妹の中での唯一Hシーンがないという不遇なキャラだったが、「まじこいS」にて実装。そこでは彼女の意外な一面を見ることもできる。
声優は風音。



追記

2012年05月06日

第245話「2012年冬アニメ総評〜第1話のぶっ飛びぶりと全体的なシナリオの微妙さ加減〜」

やっと書き終わりました。

本文の前に一つ。
予想以上にリアルが忙しいので、ブログ更新があんまり出来そうにないです;
というわけで今期のミニ感想は書く余裕がないので書きません。(総評は書きます)
ツイッターで呟くこととかあるんで、(いないと思うけど)見たければツイッターをどうぞ。

追記からどうぞー




キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
・リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意
・新ルールとして、説明は約10文に収めるを追加します。(2011年12月26日追加)

VOL.167
(前回:アラクネ)

167nero.JPG
ネロ
作品名:「フランダースの犬」
単語:「ね」→「ろ」
説明:世界名作劇場シリーズ第1作「フランダースの犬」の主人公。本名「ネロ・ダース」(原作では「ネルロ・ダース」とのこと)
日本アニメ史に残る不幸な主人公。
捨て犬の「パトラッシュ」とともに暮らしていたが、最終的にお金が尽き、大聖堂の中でパトラッシュとともに力尽きてしまう。
「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ…。なんだかとても眠いんだ…パトラッシュ…」という台詞は、全国の視聴者の涙を誘った。





追記

2012年01月24日

第202話「2011年アニメ総評まとめ〜キャラ・声優・音楽・作品別〜」

スパロボZばっかやってる暇人の黛なたるです。

というわけで超今更感ある去年のアニメの総評です。

・去年の各期ごとの総評であげた「キャラ」「声優」「曲」「作品」をまとめ、その中から勝手に大賞を選ぼうというものです。要するに、総評のまとめ。
ネタバレは自粛していません!
・書いていることは、各期ごとの総評とほとんど被ってます。ご了承ください。

かなり長いので、「追記」からどうぞ。

キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
・リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意
・新ルールとして、説明は約10行収めるを追加します。(2011年12月26日追加)

VOL.124
(前回:のみ)

124MrX.jpg
ミスターX
作品名:「プロゴルファー猿」
単語:「み」→「す」
説明:超人ゴルフ漫画「プロゴルファー猿」に登場する敵組織のボス。
影のプロゴルファー組織のボスで、「猿谷猿丸」こと猿の超人的能力を買っている。素性・素顔などは一切の謎に包まれている。
組織に引き込むために猿に数々の刺客を送りこんでは対戦させるが、本人が対戦することはない。
声優は内海賢二氏。藤子作品では数多くの作品の敵キャラクターを演じている。
ちなみに、私は当初「ロックマン6」に登場する「ミスターX」を書こうと思っていたが、(理由は特にないが)急遽変更した。



追記

2012年01月18日

第201話「2011年秋アニメ総評〜前評判は当てにはならず〜」

1週間ぶりの更新です。1回の更新で10個記事あげた反動で少し開きました。

さて、今回は前期(2011年秋アニメ)の総評となります。
ゆっくり書いていたので、もう来期(2012年冬アニメ)始まってますよっていう……orz

次回は、2011年全体の総評になります。こっちは多分すぐ書きおわれるでしょう。
内容は、「追記」をどうぞ。


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
・リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意
・新ルールとして、説明は約10行収めるを追加します。(2011年12月26日追加)

VOL.123
(前回:イノ)


のみ
作品名:「魔導物語」シリーズ(画像は「ぷよぷよ通」のもの)
単語:「の」→「み」
説明:現在ではプレイ環境を整えるのすら難しい名作RPG「魔導物語」に登場する雑魚キャラクターの一人。外伝作品にあたる「ぷよぷよ」シリーズ(ぷよぷよ通)にも1階の対戦相手候補の1人(1匹)として登場する。
あまりに小さすぎる敵であるため、「ここにいる」という表示が上部につく。
また、「ぷよぷよ通」の対戦モードでは「よろこんでいる」(形成が有利の時)「うっ…」(形成が不利の時)と感情が表示される。



追記

2011年10月22日

第178話「2011年 夏終了アニメ作品 総評〜安定のスロースターター〜」

予定よりあげるのが遅れましたが無事完成しました。「追記」からどうぞ。
(ネタバレ注意!)


キャラクターしりとり
(ルール&始めからはこちら
リニューアル後のしりとりの始めはこちら
ネタバレ注意


VOL.102
(前回:ラッキー千石)


倉田佐祐理
作品名:「Kanon」
単語:「く」→「り」
説明:ギャルゲー界に「泣きゲー」を取り入れた意欲作「Kanon」に登場するサブキャラクター。
私が唯一視聴したアニメ版「Kanon(2006年版。別名京アニ版)の設定を説明する。

主人公「相沢祐一」の通う高校の先輩で、「川澄舞」と共に行動している。
アニメ版では学校の廊下の一角にて3人でお弁当を食べるシーンが頻繁に現れるが、毎日重箱3段の弁当を持ってくる程の料理の腕前を持つ。
舞とは祐一と出会う前から非常に仲が良いようで、あまり喋らない舞の良き理解者となっている。
天然ボケの傾向があり、舞とは違う意味で祐一とのギャグの掛け合いを見せてくれる。
相手が誰でも常に敬語を使う。
また、一人称は名前の「佐祐理」なのだが、これには大きな理由がある。(ストーリーバレ後述)

魔物と戦って疲弊している舞のこと(戦っていること自体は知らないが)を心配している。その一環として祐一と協力して舞にプレゼントを買いに行く。
それを舞に渡しに行こうとするのだが……



(ストーリーバレ注意!!!!)




夜中の学校(魔物が現れる時間)にいることを知った佐祐理はそこへ向かうのだが、学校内で魔物に襲われて重症の怪我を追う。
その後、舞自身が魔物との決着をつけた後は、二人で同じ病院に入院している。

ちなみに、一人称を名前の「佐祐理」と呼ぶのは過去の話に関連している。

彼女は過去に厳格な父親によって育てられた為、後に生まれた弟にも厳しくしていた。
だが、自分では正しいと思わされていたことなのに、弟が見せる態度はあまりに怯えてしまっている。
これが本当に正しかったのかと疑問に思い始めたころ、弟は病気になってしまい、入院生活となってしまう。
そこで彼女は本当の姉が何であるのかを確かめるため、親に黙って弟の元にお菓子とおもちゃを持って遊び行く。
その時に見せた弟の笑顔を見て嬉しくなった彼女は、弟ともっと遊ぼうと考えた。それが姉なのだと自分で気付いたのだ。
しかし、弟は回復することなく、病気で死亡してしまう。

彼女が一人称を名前で呼ぶのは、自分がしっかり存在していることを確認するため。
上記の一件で自分を客観的にしか見つめることができなくなってしまった彼女は、ここにいる自分が本当の自分だと思えなくなってしまった。
その自分がしっかり生きていることを認識するため、一人称を名前で呼ぶのだという。

本当の自分だと認識できなくなってしまった彼女は、手首を切って自殺を図ろうと思ったこともあった。
だが、そこに現れたのは舞だった。
彼女が誤解されて周りに嫌われていることに気付いた彼女は、弟への後悔を舞を助けることで償おうと考えたのだ。



(ストーリーバレ終了)


声優は川上とも子氏。
90年代後半から活躍していた声優さんで、今年の6月9日に卵巣がんにより逝去なされました。ご冥福をお祈りします。

個人的に氏の名前を知ったのは「ヒカルの碁」の「進藤ヒカル」から。
氏の名演が合ってこそ「ヒカルの碁」のアニメ版は名作であったと私は断言する。

「史上最強の弟子ケンイチ」のアニメ版からの繋がりからか、同作者が自主制作して来月11月に発売予定のOVA作品「技の旅人」に登場している。(生前録音したものと思われる)
ちなみに、「史上最強の弟子ケンイチ」はOVA版が製作決定したのだが、「風鈴寺美羽」の声優がどうなるのかは不明。

佐祐理の他にもKey作品のアニメには頻繁に登場していて、「AIR」ではメインヒロインの「神尾美鈴」を、「CLANNAD」では物語の鍵を握る「幻想世界の少女」を演じている。

-------


追記

2011年07月05日

第139話「2011年春アニメ総評〜期待値の逆転〜」

長いので「追記」からどうぞ。

キャラクターしりとり
(ルールはこちら

VOL.063
(前回:大道寺知世)


与那国
作品名:「まりあ✝ほりっく」
単語:「よ」→「に」
説明:変態レズ女と女装少年の二人が織りなすラブコメ作品「まりあ✝ほりっく」に登場するキャラクター。通称「与那国さん」

天の妃第二女子寮の「寮長先生」の飼い犬。オス・鳴き声は「ひゃんっ」・好物は酢昆布・マイカルタは犬の足の形カルタ。寮長先生同様常に割烹着を着ている。
常に寮長先生と同行している。寮長先生曰く「頼れる番犬」らしいが、実際に活躍したシーンは皆無。
それどころか、かなこに食べられそうになったり、とりあえずキャラクター達の扱いがひどかったりと、番犬とは思えないような待遇である。
終いには鞠也には「頼れない番犬」と蔑称されてしまった可哀想なキャラクター。

声優は松来未祐氏。サブキャラの「志木絢璃」と兼役である。

追記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。