最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2015年06月11日

第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」



s-F.jpg


公開からだいぶ経ちましたがぼちぼち感想書いていこうかな。
その関係で追記ではなく普通に書きます。


本作は2年前に公開された前作「神と神」の直接的な続編。
なのでまず前作を見ていないと話にはついていけないっすね。


本作は原作やアニメ版「Z」でその圧倒的強さから作中のキャラも読者(視聴者)をも震え上がらせたカリスマ的強敵・フリーザが復活!
聞いただけでもゾッとしますよね。
しかも前作同様鳥山明先生監修に留まらず、初の脚本挑戦!


前作は、原作では補完されなかった魔人ブウ戦終了後からウーブと悟空の邂逅までの間が描かれていて、結末には納得いかないものの新たなドラゴンボールを打ち出してくれたな、と見事満足した作品でした。
対する本作。
実は本編を見る前から前作ほどの満足は得られないだろうなっていう確信があったりしました。


何故ならば、前作の直属の続編……つまり、原作終了直前の時系列においてフリーザが今更復活したところで悟空やベジータとの実力差はあまりにも大きく開きすぎてしまっているからです。
ドラゴンボールは、いはいるパワーインフレのひどい作品の代表例としてよく挙げられることがあります。
フリーザは登場当初こそ絶望感が漂う最強の敵でしたが、原作でのその後の扱いは「フリーザなんて雑魚」と言わんばかりの物言いでした。
アニメ版のZで見ても、地獄でセルとともに情けない負け惜しみをいうフリーザ、なんてシーンがあったりしましたね。結果的にそのシーンが本作と見事矛盾しているわけですが、本作は原作準拠っぽいから問題ないでしょう
だからこそ、ゴールデンフリーザはその穴埋めとして盛大に期待していました結果的には首をかしげる要素に。
というのも、フリーザが四ヶ月修行して得られたのがあの姿という設定でして。
この修行のシーンは全く描かれることなくカットされるどころか、「天才の私は修行なんてしたことない〜」というフリーザらしいセリフを言っているにも関わらず、プライドを捨てて修行した結果がこれかよ……と落胆でした。


そして、フリーザと戦ってる時の悟空やベジータはもう遊んでる感覚で戦っているようにしか見えないんですよね。
前作のビルスの立場に彼らが立っているというのだろうか。舐めプという表現を見事適していると言わんばかりの立ち回り。
鳥山先生は、前作のパンフレットで「震災などがあった今の日本で暗い話を提供したくない」と仰っていました。それ自体はいい考えです。
だがしかし、Zの頃のドラゴンボールてそういう暗い話……もとい、絶望からの大逆転!!!というのが面白かったんですよ。
フリーザ戦なんて特に顕著じゃないですか。
1000年に一度の超戦士・超サイヤ人が覚醒してやっと勝てた相手なんですぞ!?
「前作の結末には納得いかなった」というのは前述したとおりだと思うんですが、それは破壊神なんていう大層な存在のビルスに逆転勝利する悟空!っていうZ時代の作風にならずストレート負けしてエンド、だったからなんです。
まぁ、ビルスは前作から初めて登場したキャラクターだからまだ許容範囲です。
フリーザに関しては、そんなZの時代を代表するキャラクターなわけで。
現在の鳥山先生の描きたい作風には全くと言っていいほど適していない敵キャラなんですよね。
これによってどうマイナスになってしまったかというと、フリーザの存在そのものが滑稽なものにしか見えないことに。
ハッキリ言うならば、「フリーザが今更復活しても悟空やベジータの相手にはなりませんでしたまる」ってことなんですよねぇ……。
宇宙の帝王フリーザの威厳なんてあったもんじゃあなかった。


映画の番宣などで謳われていた「衝撃の結末!」……これは胸糞悪いオチの間違いでしたね。
具体的には、フリーザは戦いには負けたが勝負には勝ったという展開なのですが。
彼は誰よりも悟空を倒すことに執念を燃やしていたはずなのに、断末魔にやったことがあまりにもチンケすぎて萎えたということに留まらず。
全知全能の超越した存在・ウイスの同情によってこのフリーザ最期のあがきもなかったことにされあっさり倒してはいおしまい。感動も何もあったもんじゃあありませんでした。
地球は守られたが悟空とベジータは負けた。前作とオチは同じどころかむしろズルを正当化するという部分で納得できませんでした。
確かに魔人ブウ戦でもラストはドラゴンボール頼りというズルをしていましたが、あれは悟空とブウで実力差があったからこそのハンデと考えればまだ釣合います。
フリーザに関しては、余裕で倒せた相手であるにも関わらずズルをしたから明らかに釣り合っていないんですよね。
それに、ビルスとウイスはフリーザに「この戦いの邪魔はしない」って一言忠告していたにも関わらず最後にはこうでしたから……もう、どうしたもんかと。


とダラダラ書いてきてお分かりだと思いますが、満足するどころか不満の方が大きく募る結果になってしまいましたね。

良かった点が全くなかったわけではありません。
主に挙げたいのは鳥山先生らしからぬ巧妙な伏線が多々貼られていたことと、パンフやインタビューでもスタッフが豪語するアクションシーンのかっこよさでしょうか。
フリーザ復活というのは微妙な切り出しではあるものの、本作の話自体は原作のようなツッコミどころ満載な所は少なく、むしろ序盤に言ってたセリフが後半で大きな伏線につながるという構成力の高さに私は驚きを隠せませんでした。
上で書いた衝撃の結末に関しても、中盤辺りで伏線を貼っていたし、ビルスとウイスと地球の関係性から考えると(ぶっちゃけありえないけど)そうするのも自然だよなぁと思わざるを得ない所も事実ありました。
ちなみに個人的に本作でツボだったシーンは、クリリンの携帯の着メロがウィーアーだったところですね。私だけでしょうかね?w
アクションに関しては、Zの頃になるとほとんど活躍が見られなかった天津飯や亀仙人、別漫画からのジャコまでふんだんに盛り込まれていたりと中々に見ごたえありました。
なんで天津飯や亀仙人?と思う方も多いでしょうが、これは単純にフリーザ軍とZ戦士との間のパワーバランスの問題でしょうね。
入場者特典のFの巻で鳥山先生は「悟天とトランクスを出さなかったのは、未来の可能性を潰したくなかったから。」と言及していますが、私は単純にゴテンクスがいればそれで終わりじゃん、っていうツッコミ回避のための処置だったのだと解釈しています。
というかフリーザが地球滅ぼせば未来もクソもねーんだしその理由は意味が分かりませんよ。


そんなこんなでまとめると。
原作者が何もかも監修したからって、必ずしも作品が面白くなるとは限らないってことを体を張って体現した作品でした。
……いや「BLEACH地獄篇」なんていう前例もあったりするんですけどね( ̄▽ ̄;)
でもドラゴンボールの見所のアクションの良さは確実にあったし、何より中尾隆聖の恐ろしい悪役演技をスクリーンで聞けただけでも私はそれなりに満足はできましたです。
手放しで褒めることは決して出来ませんが、ドラゴンボールって昔の作品だよねとは思わせない、大きなポテンシャルを見せつけてくれたという意味では私は嫌いではありませんよ。
これの前にやってた3号や春のカーニバルのひどさに比べれば、大したことはなかったといったところでしたね。



次回も映画感想の予定。
追記は「キャラクターしりとり」です。御三家草タイプ






-----------------------------------------------------------------


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
・今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」は、現在2種類ございます。お好きな方をどうぞ。なお、VOL順の方が見やすくなっています。
作品順
VOL順

VOL.469
(前回:夜一)

469chikorita.jpg
チコリータ
作品名:「ポケットモンスター」シリーズ
単語:「ち」→「た」
説明:大人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」に登場するキャラクター。
数多く存在するポケモンが登録されているポケモン図鑑の登録番号は152番で、第2世代(※「ポケットモンスター金(銀)(クリスタル)」を指す)の一番最初の番号に該当するポケモンである。
第2世代の舞台であるジョウト地方の「ウツギ博士」から最初にもらえるポケモン(御三家)の1匹で草タイプ担当。
本編のジムリーダーの使うタイプの特性上、常に劣勢を強いられることに定評が有る。
そもそも草タイプは弱点が多いから仕方がない面があるものの、第2世代ジムリーダーにおいてチコリータの弱点タイプを使うジムは8個中5個と半分も超えているのが苦境を象徴している。
アニメ版ではサトシの手持ちポケモンとして登場。雪山での遭難の一件から彼に心底なつくようになり、そのなつき具合は恋人と接するかのようなデレデレっぷりであった。
アニメ版の声優はかないみか氏。



-----------------------------------------------------------------
posted by なたる at 15:09| Comment(1) | TrackBack(0) | プチ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久方ぶりのコメであります。
フリーザの絶望感が足りないというか
ゴールデンフリーザもそこまで印象がでしたね
(執念の末、新しい形態がかつてやられたスーパーサイヤ人の特色だったゴールデンなのはある意味皮肉もあって良かったとは思いましたが)
後ははじめから「超サイヤ人ゴッドSS」になって戦ったのも新鮮でしたね
前作はそれまでの過程はありましたが
前作を超えるアクションシーン それに本編だとどうしても影薄になりがちの亀仙人、天津飯、クリリンの活躍もあって(個人的にはヤムチャの活躍も・・・)
フリーザと悟空の対決もそれなりに
まぁ・・なたるんのいうように ほぼフリーザ不利で
悟空どころかベジータもで さらにはビルス達も一応中立でしたが ラストのタイムベントなど
悟空も遊び感覚だったらやばくなった感じで・・
やはりそこまでの緊迫感とかは
まぁフリーザの悪足掻きは一種のフリーザらしいといいますかw個人的にフリーザは大人になりきれてない
お坊ちゃま糞餓鬼がとてつもないパワーを持った存在と考えてるので まぁありかなと・・

後、鳥山先生制作の下7月に新作の「超」がやりますが果たして(GTとは・・・)
人気があるとはいえ下手な延命は・・・ですが
まぁどうなるか
長々失礼いたしました。
Posted by 軍曹 at 2015年06月12日 02:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419761333
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。