最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2015年02月27日

第531話「ニチアサ感想第36週〜トッキュウ46話・ドライブ17話・リセプリ2話〜」



・トッキュウ46話


ライトが遂に最終決戦に独り向かいますが、やはりゼットには勝てず。
あ、この一連のシーンのゼットが1号の投げたレールスラッシャーを投げ返す演出は最高でしたわ!
そんな絶望的な開幕から始まります今回

闇堕ちしたライトじゃあシャドーラインには勝てない。
ほんとそのとおりなんだよなぁ……。
何故なら、トッキュウジャーの武器はイマジネーションだから。
闇の力を使うトッキュウ1号にイマジネーションなんて要素は微塵にもないわけですからね〜。
それにライトは闇の力の覚醒が中途半端だから使いこなせていないという点もありますし。


さて、このままではシャドーラインが掌握するバッドエンドが待っているわけだがどうするか?
お分かりですよね?前回別れた4人が復活すればいいんですよ。
ライトの支えになっていた4人。明も加えて始めてトッキュウジャーなわけで。
6人が揃った現状ならば……イマジネーションのある彼らなら!

前回ドラマチックに別れた4人とライト。
4人は元の平穏な日常に戻ってはいるのですが、どこか物足りない様子で。
たとえ記憶がなくても、ライトという存在が覚えている。

ところでこれは本作とは一切関係ないですがCLAMPの「ツバサ」という漫画で壱原侑子というキャラが言ってました。
「心の記憶と躯(からだ)の記憶は別である」と。
そういう理屈であることを考えると、4人やライトの母親がライトを覚えていたというのはご都合主義でも何でもない。
例え脳が覚えてなくても、躯が覚えていたからこその違和感だった。
そして躯の記憶と心の記憶が一致する要因となったのは、明が隠していた写真というわけですね。

あそこで4人が思い出す展開、本当に胸が熱くなり感動しました。
これもまさにイマジネーションの力、なのだろうか。
彼らの想像は、世界の仕組みをも凌駕するほどのポテンシャルを秘めた力だったという証明にもなったと思いました。

さて、4人とライト達が合流したその時、全ての戦いに決着がつく……!?

次回最終回!!!!!!後一話で本当に決着付けれるのか!?
と不安になりますが、彼らの終着駅がどのようなものになるのか。本当に楽しみです!!!!


・ドライブ17話


女の敵事件の真相は、おおかたの予想通りというかりんなの恋人がマッドサイエンティストというオチでございました。
うーん、特に驚きはしないがりんなが不憫すぎるな、これは……。


一方で新キャラのハーレーさん。これまた濃い人が出てきたなぁwww
外国から来たということは剛と仲がいいのかな?でもりんなとも顔見知りっぽい感じだったねー。
たまーに出るってことは、剣の烏丸長官みたいな感じ?
突然強化フォームのアイテムとかくれそうwww


ロイミュード側はブレンがどんどんキャラが崩壊しているのが面白いwww
これもうハート大好きなヤンデレさんやないかーい!!!!
なんかブレンの好感度がここ数話でじわじわ上がっている模様www


アクション面では遂に登場デッドヒートマッハ!
まさかのマッハのフォームチェンジ1個目がデッドヒートになるとはなぁ。
いやさ、ドライブにとっては中間フォーム的なものだと思っていたからねー。
マッハさにさらに磨きが掛かって、スピーディにロイミュード無想してたのはかっこよかった!

さて次回。
現さんメイン回の模様。彼の刑事として戦う理由でも明らかになるのかな?


・リセプリ2話


海堂みなみの日常、そしてそれを見て憧れを抱き奮闘するはるかのお話でした。
みなみも、先輩のかれんやれいかやマナのような優秀生徒会長キャラなんだね!
バレリーナを得意とするって……あれ、最近どこかで聞いた覚えが……?w
気になったのは、みなみの笑った顔が全然見られなかった点。
クールだから、と片付けるのであれば簡単な気がするがどうも引っかかりますね。
彼女が笑った顔が見れる日はくるのだろうか?


個人的にはみなみの掘り下げよりも、頑張るはるかが可愛かったなぁと。
みなみの目の前で「お疲れ様でごじゃりました!」は吹いてしまったwww
丁寧なようで全然丁寧じゃねーしwww
後はバレーの練習のために頑張ったりとかね。
怪我するまで頑張るって、おいおいあんま無理するなよ((((;゚Д゚))))
なんか心配になってくるけど、それでも夢に向かって一直線なはるかは王道な主人公だと思えますわ。


キュアマーメイドは去年の青キュア・プリンセスとは対照的にプリンセスたる優雅さを兼ね備えていましたね〜!まぁプリンセスが少数派なタイプのプリキュアだったのですが
モードエレガントからのプリキュア・マーメイドリップルでの浄化は見ていて惚れ惚れしてしまいましたよー(*´ω`*)
海のプリキュアということもあって水中戦もカッコイイね!これは同じ海を司るマリンにはなかった要素!
ただこの手の海とか水中系って限定された空間で強い戦士というのは、次第と海が出てこなくなってその長所が空気になりがちな気がする。マーメイドはそうならないよね?ね?(ぇ


そうそう、先週触れていなかったけどこのモードエレガント面白い要素よね!
簡単に言うなら処刑用浄化専用の特殊形態というのが新しい試み。
前作も序盤からフォームチェンジの概念自体はあったけど、あくまで派生種の一つでしかなかったからね。
モードエレガントで戦闘したりとかはないのだろうか?
あ、何げに最序盤から強化形態に変身可能っていうのはシリーズ初だよね(モードエレガントは派生種とはちょっと意味合いが異なるし)。
あと、今後強化フォームが出るのだとしたらこのモードのエレガント派生種なのではないかということも予想しておこうかなー。


こうして2人目のプリキュアも簡単に見つかり、プリンセスとしてどんどん精進していくぜ!
……果たして「プリンセス」って言葉はどういう意味合いなんだろうね?(まだそこを引きずる人
いや、重要だろ!この作品の核にあたるものなんだからさ!!!是非とも私が納得できる回答を望む。


次回、さーて順当にトゥインクル覚醒か〜……ん、違う??????????
まさかのパフメイン回です!
前作は妖精メインの回は皆無に等しかったからこれは嬉しい情報!!!!!
実を言うと私、現時点だとパフが一番かわゆいなぁなんて思っていたりするわけで(*´ω`*)
というか最近は艦これのなどの影響もあり東山奈央さんの存在が私の中で大きくなっておりますわwwww
ああ、次回どんなかわいいパフが見れるのかなぁ……(*´∀`*)


追記は「キャラクターしりとり」です。仮面はシリーズ恒例



-----------------------------------------------------------------


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
・今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」は、現在2種類ございます。お好きな方をどうぞ。なお、VOL順の方が見やすくなっています。
作品順
VOL順

VOL.450
(前回:保坂)

450karozo.jpg
カロッゾ・ロナ
作品名:「機動戦士ガンダムF91」
単語:「か」→「な」
説明:劇場版として公開されたアニメ作品「機動戦士ガンダムF91」に登場するキャラクター。
劇中では「鉄仮面」と呼称されるほどに特徴的な仮面を着けているクロスボーンバンガードの最高司令官。
本作のヒロイン「セシリー・フェアチャイルド」の実の父親であるが、妻共々研究に没頭するあまり嫌われ愛想をつかれてしまった。
元は研究者であるが自らも強化人間の手術を受けており自身が提唱するラフレシア・プロジェクトを推進するためにクロスボーンバンガードを利用する。
劇中終盤では自らが「ラフレシア」に乗り決戦に乗り出すが、「シーブック・アノー」の搭乗する「ガンダムF91」のM.E.P.Eの前に破れ撃墜、死亡した。
彼の指導する殺人兵器「バグ」を使った人体実験は、本作の中でもかなり強烈で凄惨なシーンである。
こんな考えに至るなどもはやマッドサイエンティストの域であるが、これは強化人間になるための強化手術によって人格が歪んだことが大きいと言われる。
なお、劇中で死亡したカロッゾは影武者ではないかという説もあるとされるが真相は不明である。
声優は前田昌明使。



-----------------------------------------------------------------
posted by なたる at 03:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ニチアサ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドライブパート。
個人的にもりんなさんの元カレが共犯者だろうなというオチでしたねー。

こう最近はロイミュードも人間の闇につけ込むようになってきましたねー。
うーん、狡猾なり(笑)

ハーレー博士はあの大月ウルフさん演じるキャラだから再登場はありそうですねー。
次回はマッハの最終フォーム用アイテム持ってきそうですねー。
デッドヒートでは多分終わらない気がしますしね。

そして安定のブレンのネタキャラ化。

ちなみにハーレー博士がマッハのシステム考案者みたいですよー


プリプリパート。
今回はみなみさんのマーメイド覚醒回。

最初見た感じ自他共に厳しいお姉様かと思いきや………

はるかちゃんとみなみさんの絡みは女子校アニメのような感じで非常に良かったですねー。

確かにはるかちゃんは色々可愛かったですw

はてさて、みなみさんははるかちゃんや今後のきららちゃんとの絡みでどう変わっていくのか?は楽しみです。

あと青キュアは基本桃キュアの子と時にはじゃれ合い時には支え合いが多いのではるかさんとみなみさんにもそんな描写が見られること、今から楽しみにしてたり。
Posted by まさ at 2015年02月27日 08:09
トッキュウ
ついにここまできました最終決戦 
4人を戦いから避け、闇堕ちしてまでシャドーラインに挑もうとする その際に明がライトを励ますシーンはかつてライトが同じようにして明を救うシーンを思い出しますね、ライトが明を救い今度は明がライトの支えとなる 明はライト達の良いお兄さんキャラですね
そして4人は今までの子供に戻り平穏な暮らしになりましたが改めてあんな子供達が人々を「闇」から守っていたとは・・・ 
しかしやがて違和感を覚えそして思い出します かつて「もう一人」いたことをいやはや複線をうまく使った展開は流石、靖子さんと思いました。
次回は遂に最終回!

ドライブ
今作はりんなさんの過去が明らかになりましたね
元カレが共犯者でしかも下種奴でした
15話といい最近は利用する人間も闇の部分を持つなど中々考えられる物語になってきましたね
しかしそれ以上にブレンのネタ化やウルフさん演じる博士などがありましたが まさかヘンリー博士が現れるとはw 再登場を期待したいところであります。

リセプリ
今回は生徒会長ことみなみさんことキュアマーメイド覚醒回! 一見笑わずに厳しいお姉さまキャラと思いましたが努力する彼女(はるかちゃん)を教えるといった部分も見られて正にお姉さまキャラでした 
そしてキュアマーメイドも凛としたかっこいい姿でした モードエレガントは正に「マーメイド」でしたし
青プリキュアの多いお姉さまキャラとなりそうです 
(ネタ化になるかn)
そして次回はまさかのパフメイン回!
きららちゃんは少ししか登場してませんでしたね引っ張りますねw
Posted by 軍曹 at 2015年03月01日 03:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。