最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2014年12月31日

第519話「2014年何でもベスト3」


2014年もいよいよ終わりっすね〜!
今年はリアルでは特に大きなドラマのない一年間だったと思いますw
反面ネットでは非常に大きな変化のあった一年間、だったかな〜?

さてさて、 


こ の 時 期 に(2010)



毎 年(2011)



や っ て(2012)



い ま す が(2013)



今年もやります!
2014年の何でもベスト3で今年を締めちゃいましょう!!!!


今年は去年のものに加え「特撮」「特撮映画」部門を創設しました!
よく考えれば何でなかったんだろうなとw
あと何でもがモットーなので、今年発表された作品ではなく私が今年見た作品を対象としています。なので古い作品もあるのはご了承ください。
では、行ってみましょうか〜(*´ω`*)


・アニメ

3位:熱血最強ゴウザウラー
2014年12月09日(Tue)22時01分43秒.jpg
11月よりAT-Xにて放送しておりますエルドランシリーズ第3作。現在5話まで視聴しています(*`・ω・)ゞ
なんと、AT-Xでは三部作が1週間に同時に楽しめるという太っ腹大サービスをしてくれました!!!!
フォロワーさんの影響でずっと気になっていた作品だったので毎週欠かさず視聴しております♪

第3作ということで前2作と比較してもパワーアップした演出などが見ものです。
後半になると登場する強化形態がすげーカッコイイので、登場が楽しみです(*´ω`*)



2位:元気爆発ガンバルガー
2014年11月24日(Mon)22時01分20秒.jpg

3位のゴウザウラーと同じくエルドランシリーズ第2作。こちらは第6話まで視聴しています。
前作であるライジンオー、前述のゴウザウラーとは明確に差別化を図っている部分が多くエルドランシリーズの中でも異色作とも言える要素が多いです。
しかし、その異色な部分とコミカルな作風が私好みすぎて三部作の中では一番毎週が楽しみな作品です!!!!
虎太郎もかわゆいですが、敵であるヤミノリウス三世もどこか憎めない感じがいいですねぇ(*>д<*)




1位:ハピネスチャージプリキュア!
ask-HappinessChargeGroup.jpg
このブログ下半期を賑わせてくれましたプリキュアシリーズ第11作。現在第46話まで放送されています。
プリキュアはかれこれ11年連続で見続けておりますが、ここまでべらぼうにハマったのは「ふたりはプリキュア」以来でございます!!!!
何が魅力なのか、それは毎週さんざん語っているのでこの場で語ることもないでしょうw
ブログで感想を書き始めたのは第16話からなので、第15話以前までの感想は来年BDを購入したときに執筆予定です。
残り3話、どう楽しませてくれるのか!?



・特撮

3位:獣電戦隊キョウリュウジャー
ask-HP01.jpg
スーパー戦隊第37作。三条陸節全開な激アツなストーリーで、1年間大きく盛り上げてくれました。
なんといっても注目なのは敵幹部がどこか憎めない面々の集まりだったことでしょう。
特にキャンデリラなんかは、中の人が美しすぎて顔出し出演まで果たしちゃってるわけですからwwwww


2位:仮面ライダー鎧武
ask-550_309-3.jpg

第2期平成仮面ライダーだと仮面ライダーW以来の大当たりだと思った作品。
意図的に従来の様式崩したところが見事成功して受け入れられていた作品という印象でしたね〜。
一年間、終始飽きることなく怒涛の展開で盛り上げてくれました!!!

関連記事→第489話



1位:仮面ライダー剣
ask-22666824.jpg


レンタルで2ヶ月くらいかけて見てました。
序盤のおいてけぼり感から脱落した視聴者も当時は多かったようですが、1クール過ぎてからは毎回胸を熱くさせるエピソードの数々です。
そして今でも語り草になっているあの結末は、涙なしでは視聴できませぬ(´;ω;`)

当時はまだガキだったこともあって、動いている剣やカリスがカッコイイ以外の印象はありませんでしたが、改めて見るとシナリオ周りがとても秀逸な作品でございました(TдT)
どうやら来年続編のドラマCDが出るみたいでして。
これって放映当時は評価されませんでしたが、後になって名作だと評価されたからこその発売なんじゃないかなぁ。楽しみでございます!



・ゲーム

3位:聖剣伝説2
2014年05月29日(Thu)02時00分50秒.jpg

Twitterで始まりからクリアまで終始攻略実況していたのが思い出深い一本。
後半のインフレ具合は異常でしたが、気合で乗り越えた後は感動のEDでございます(TдT)
ほぼ初めてプレイ&初クリアした聖剣伝説シリーズ(新約は途中で投げました)でしたが、初代であるFF外伝や後続作も是非プレイしたいと思える名作でございました。

関連記事→第459話



2位:悪魔城ドラキュラ
51484AAFVDL._SL500_AA300_.jpg

今年最高に攻略に盛り上がったアクションゲーム!!!!
次々と現れる理不尽な仕掛け強敵の数々に何度も挫けました。
しかし、フォロワーさんの人力やコメントの力により何とかクリアまでこじつけた次第です!!!!!
来年は後続の作品にも手を出していきますよ〜!

関連動画



1位:イースII
PS2_2_TO_MAKE2.jpg

つい最近まで実況していました、日本ファルコムが誇る大人気アクションRPGシリーズ第二弾です。
正直第1作「イース」はそこまでの面白さを感じていませんでしたが、様々な面で進化し洗練された続編の本作をプレイしたことで次第にイースという作品の世界に引き込まれていきました。
何よりも、1作目からずっと謎であった設定や話が終盤で判明していく様が面白かったです。
これほどまでにシナリオの練られていたゲームだったとはと驚きを隠せませんでしたね。
また、本作(というか本シリーズ)を語る上で欠かせないのは音楽でしょう。
特に、冒頭のOPを飾るBGMの素晴らしさに感動でした。





もちろん後続の作品も来年プレイしますよ!!!!


関連動画




・アニメ映画

3位:たまこラブストーリー
Bb1vzVqIUAA3cVz.jpg
プリキュア除けば唯一今年映画館で視聴したアニメ映画でしたね。
あのたまこマーケットでラブコメなんて……という視聴者の思惑を逆手にとった意欲作でございました!


関連記事→第405話



2位:映画 プリキュアオールスターズ New Stage3 永遠のともだち
ask-21696011.jpg

今年プリキュアという作品の界隈に深く突っ込むきっかけとなった作品です。
NSシリーズの総決算にふさわしい作品で、まだキュアハニーが謎のプリキュア扱いだった時の作品ですね。懐かしいなぁ(*´ω`*)
本作も感想記事書く予定だったのですが、色々あって没にしたのが悔やまれますね。
円盤を購入予定なので、購入して視聴したら感想記事をUPしたいと思います♪



1位:映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ
ask-hapiness_precure.jpg

ハピネスチャージプリキュア単独映画。
テレビ版の外伝ではありましたが初日公開日の翌日放送の第36話と併せてみることで、愛乃めぐみのキャラクター像を大きく再評価するきっかけになったこと本作を見て一番良かったと言える点でした。
入場者特典など関係なく2回以上映画館に足を運んで見に行った作品は、21年生きてて本作が初めてです。それほどまでの傑作でした!!!!!!

関連記事→第477話第490話


・特撮映画

3位:獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
ask-Wsk1k.jpg

例年安定した面白さを見せる戦隊VSシリーズ。
今年はジュウレンジャーやアバレンジャーという強大なレジェンドも登板されたことゴーバスターズ勢が空気になるんじゃ……と思っていましたが。
やろうと思えば出来たのにスーパーヒーロー大戦Zで「あえて」やらなかった
ビートバスター/陣さんが復活してくれたので個人的にはゴーバスターズ方面にも大満足でございました(*´ω`*)


2位:仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル
movietaisen-main-resize_1.jpg

ちょうど昨日見てきたばかりの作品。
3パートとも歴代の中でも特にバランスが良かったと言えたのが良かったです!!
前回さんざん語ったのでこれくらいでw


関連記事→第518話



1位:ガメラ(平成版)
51mGgD4V-uL._SL500_AA300_.jpg

大学のゼミの課題用に視聴した作品でした。
平成ガメラは評判高い傑作シリーズですが、その評価も納得の面白さを秘めた作品でした。
カメの怪獣がカッコイイのかよって思うじゃん?
この映画見たらそのかっこよさに痺れること間違いなし!!!!
来年は2と3も見たいですね〜。



漫画


3位:巴マミの平凡な日常
510m5vsqslL._SL500_AA300_.jpg

まんがタイムきららマギカで連載中の「魔法少女まどか☆マギカ」二次創作作品。
マミさんがあまりにも残念な大人過ぎるがだがそれがいい!!!!
作者のリアル体験をマミさんに落ち仕込めているんだろうなというのがひしひしと伝わってきます。
ちなみに、新房監督はこれをアニメ化したいそうなwwww



2位:ゆうやみ特攻隊
51u8qcsVYeL.jpg

今年連載が終了しました月刊少年シリウスにて連載されていた作品。
最初は幽霊を題材にしたギャグ漫画だったのが、一つの目的のために戦うバトル漫画へとシフトチェンジしていく様は「幽遊白書」のような感じでしたね〜!
鉄一族のキチガイっぷりはみていて非常に胸糞悪いですが、それをぶち殺していく翔平と弥依の姿にはスカットしました!ここらは「北斗の拳」のような面白さ!!!
という感じで、少年漫画のノウハウを盛り込みつつ押切節全開で描かれている作品です。
実はまだ最終巻だけ読んでいないので結末を知らなかったり……早く読まねば!!!!



1位:でろでろ
512GBgeL2tL._AA300_.jpg

押切蓮介先生デビュー作。
幽霊を題材にしたギャグ漫画で、くだらないけどだがそれがいい!と言わんばかりの作品です。
何でもかんでも妖怪の仕業にしてストーリーに仕立てているあたりは、今流行りの「妖怪ウォッチ」に通じているようにも見えますねー。
なお、今年本作は復刻版が刊行されたのですが、私は既に旧版を14巻までもっていた時に刊行決まったのでそちらは購入しておりませんorz タイミング悪すぎるだろ!!!!!!



・ニュース

3位:免許取る

半年間辛かった自動車学校をやっと卒業し、その二ヶ月後に遂に習得した免許。
筆記試験は何にも難しくありませんでしたが、実技がとにかく最悪でしたね。
自分が下手くそだわ先生の暴言が精神的に辛かったわで……。
あまりの辛さに、免許取得したときはトイレでボロ泣きしたほどwwww
あと、Twitterのフォロワーさんが相次いで「おめでとう!」と言ってくれたことも嬉しかったですねぇ。
ちなみに免許取得してから運転は1度しかしていません(待


2位:Twitterにハマり友達がたくさん出来た


2月にバイト先が閉店し引きこもりになった私は何もすることがなく、一日中Twitterだけする日なんてのも出てきて。
いつしか私はTwitter廃人になっていました。
廃人なんて言葉にいいイメージは浮かばないと思いますが、個人的にこの一年でTwitterにアホみたいにハマったことはプラスだったと私は断言します。
リアルの友達以上に深い繋がりを得た人もたくさん出来てかけがえのないものをたくさん手に入れたのも事実です。
今こうしてブログを更新したり、実況動画を更新したりするのが楽しいのは、皆さんがいたからこそ。
私にとってTwitterのフォロワーさんは宝のようなものです。
来年、ずっと同じ関係性でいられるかは分かりません。
ふとしたことがきっかけで、リムーブされたり(したり)、ブロックされたり(したり)するかもしれないでしょう。
それでも私は今こうして繋がっていられる1秒1秒を大切にしてTwitterという場を精一杯楽しんでいきたいです。
そんな楽しさを教えてくれたのが、他でもない仲良しのTwitterのフォロワーさんなのですから。



1位:大森ゆうこ/キュアハニーとの出会い

ハピネスチャージプリキュアに熱があるということは前述通りですが、その中でも私にとって最大の要因となったのが、大森ゆうこちゃんとの出会いでした。
彼女の笑顔やご飯を愛する心、他人に向ける配慮などその全てがとても愛おしく感じるようになって。
ここまで、アニメのキャラクターに愛を振りまくことができるなんて自分でも驚きです。
まるでそれは、自分のお姉さんに甘えたくなるような、そんな気持ちでございます。
もちろん、今まででも好きだと言えるキャラクターは何十人でもいました。でも違うんです。
ゆうこちゃんは好きじゃなくて「愛してる」んですよ。
好きなんて言葉で片付けられない。それほどまでの気持ちが、想いが爆発して。
いつしか私が「ゆうゆう愛してる人」と言われるようになっていったのでした……。


io3LsoqB_400x400.jpeg


これは、私がこの一年で集めたキュアハニー/ゆうこちゃんグッズの数々です。
まだまだこんなものじゃあ足りません。来年にはこれ以上に彼女のグッズを収集していく所存です(*`・ω・)ゞ

最後に。
大森ゆうこちゃん、私と出会ってくれてありがとう。
あなたを、心から愛してます。
これからも、あなたらしく変わらずにいてください。



--------------------
以上、2014年のブログ更新はおしまいです!!!!
ちなみに、明日から3日間東京に旅行に行ってきます!
旅行レポートは試験終了後なので1月下旬〜2月頃になると思いますが、そちらもまたよろしくお願いします!!!! 
ニチアサ感想は通常通り更新しますよ!!!!!O(≧▽≦)O


来年も、当ブログをよろしくお願いしますm(    )m


追記は「キャラクターしりとり」です。今年の〆は初代プリキュアで!!!!!!



-----------------------------------------------------------------


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
・今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」は、現在2種類ございます。お好きな方をどうぞ。なお、VOL順の方が見やすくなっています。
作品順
VOL順

VOL.439
(前回:高町美由希)

439cureBLACK.jpg
キュアブラック
作品名:「ふたりはプリキュア!」(※画像は「ハピネスチャージプリキュア!」10周年記念挨拶時のもの。
単語:「き」→「く」
説明:10年続く大人気TVアニメシリーズ第1作「ふたりはプリキュア」に登場するキャラクター。
本シリーズで初めて覚醒した伝説の戦士プリキュアこと元祖プリキュアで、「美墨なぎさ」が変身する。
名前やデザインを見てわかるとおり黒いプリキュアだが、現在では黒いプリキュアはダークプリキュア達のイメージカラーとなっており、歴代戦士の中では唯一の黒いプリキュアである※現在では、必ず主人公プリキュアのイメージカラーとなっている「ピンク」のプリキュアとしてカウントされている。)。
また、真正面から殴って蹴るというだけの力強いパワフルな格闘攻撃を行うことが特徴。
しかし、「キュアブラック」のような力強い戦闘スタイルは後輩たちには意外にも受け継がれておらず、どちらかというと華麗に戦うパートナーの「キュアホワイト」の要素が受け継がれている。
このように元祖プリキュアではあるものの、意外にも後続のプリキュアにはその要素は受け継がれていなかったりすることもあり、非常に特徴のあるプリキュアと言えるのである。
必殺技はキュアホワイトとの合体技「プリキュア・マーブルスクリュー」及び続編「Max Heart」で登場した強化版「プリキュア・マーブルスクリュー・マックス」※本シリーズでは現在おなじみとなっているプリキュア単体技は本作には存在しておらず、キュアホワイトとあるいはその2人に「シャイニールミナス」も含めた3人の合体技しか存在しない。
声優は本名陽子氏。



-----------------------------------------------------------------
posted by なたる at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカルチャー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。