最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2014年11月23日

第498話「ニチアサ感想第25週B〜ハピチャ40話〜」



最終決戦に入る最高の導入だったのではないだろうか!


ぶっちゃけると今回、おひめちゃんを主軸に4人のごく普通の日常を切り取ってそれを1話にしただけといえばそうなんです。(違うのは、幻影帝国側が切羽詰っているということだろうか。
だけど。
私にはこの話がすごく尊く素晴らしい30分だったと思えてならないのです。
それは勿論私が本作がすごく好きだからという事情が大きいかもしれません。
しかし、これから先に彼女たちに待ち受ける苦難を考えると、彼女たちが守ってきた日常という空間がこれほど幸せに満ちていて。
ごくありふれた日常が素晴らしいってことを、今回これでもかと体現していたと思います。


まず本作は学校の描写が例年に比べると少なめに思えてなりません。
だから彼女たちが学校生活してているシーンが珍しく見えてきました。
朝登校して。
おひめちゃんがクラスメイトのラブな話を聞いて。
めぐみが休み時間中に勉強をしていて。
いおなが祐也に本を貸してもらって。
放課後4人で一緒に帰って。

これだけ書くとほんと「ただの日常じゃないか」って思えてくるけど、だがそれがいいなんですよねぇ。
ちなみに前回の予告で懸念していた祐也ですが、出番はチョイ役といったところで、どうやらいおなと少しずつ距離を縮めているようでしたね。
最終的に二人の行き着く先はどこなのか楽しみです。


あとおひめちゃんを主軸に〜と書いたのですが。
おひめちゃんのメイン回自体は第34話以来になりますが、この話では個人的にキュアプリンセスとしての彼女の成長が明確に見られていました。勇気満ちたキュアプリンセスは最強。一言で言うならこんなところだろうか。
対する今回は。
白雪ひめ……もといヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ個人としての成長を日常という視点から落とし込めているように感じました。
人見知りでブルーやリボン以外でまともに会話もできなかった彼女が、今では学校にたくさんの友達がいて日常を満喫していて。(人見知りだった点の成長は第34話でも生徒会長との絡みで見られていたことではあるのですが)
今回は学校というコミュニティを好きでいることが発覚するどころか、休日になって一人でつまらないとぼやくまで人と積極的に関わろうとすることが驚きでしたね。


そしてそんな日常とは対照的に、これでもかと変化のあった要素もあります。
それはプリキュア自身の強さ。
イノセントフォームに全員が覚醒し、イノセントプリフィケーションを習得した彼女たちですが、今回はラストのイノセントプリフィケーション以外で使用していません。
そう、イノセントフォーム以外の彼女たちそのものの実力が上がっていたことも注目でしょう。
歴代最高量のサイアークを相手に一網打尽する彼女たちの姿はまさに天下無双。
個人的に今回のアクションシーンはロボットアニメを彷彿とさせられる演出が多かったです。(パクリとか言うわけじゃないぞ?)
溢れんばかりの敵を一気になぎ倒す様や、宇宙空間でラブリースタンプを放つ前のラブリーなんかまさに「トップをねらえ!」のガンバスターに見えましたね〜。
ガンバスターも初陣は成長したノリコの覚悟が現れたと言わんばかりの天下無双の強さで宇宙怪獣を無双していましたが、今回のハピネスチャージプリキュア達とも心境は似ています。
別にどっちがいいとか悪いとかっていう訳じゃあないんですが、自分の好きな作品と展開が類似しているから胸が熱くなるのは必然的だったということですね。
他にもロボットアニメチックな演出がちらほらと。要するにアクションかっこよかったです。
前回のイノセントコンビネーションとはかっこよさのベクトルが違いましたし!!!!!!
これは余談ですが、今回シリーズ史上初?とも言える変身前に戻って戦闘するという衝撃の展開もありましたw
具体的には水中に潜ったプリンセスが人魚にかわるんるんしてサイアークを誘導する……というシーンなのですが。まさかキュアプリンセスとしてでなく、白雪ひめとして前線で戦う展開になるなんてビックリ仰天ですよ!
そしてその直後にまたプリンセスに戻っていました。
プリカード経由での変身前に戻る→プリキュアに戻るっていうのはノーモーションで出来るのか。すごい性能だなぁw


誤解のないように言うと、無双されていたのであれば今回登場したサイアークが雑魚だったのかと言うと全くそんなことはありません。
むしろ今までで一番最強のサイアークだったのでしょうが、プリキュアたちは成長して幹部たちは全く成長していないという事実が勝因に繋がったと言えるのではないでしょうか。
確信はありませんが、三幹部も元々はミラージュと同じ人間だったのでしょう。
何らかの出来事で絶望したところをディープミラーにつけこまれて…といったところだと予想しています。
これは、今まで少しずつ吐露している幹部たちの言葉からの勝手な推測です(ホッシーワのみそれを匂わす伏線が個人的には見られませんが)
洗脳された心じゃあ、確固たる決意を持つプリキュアたちに叶うはずがない。
今でも進み続け成長する彼女たちはもう幹部たちの手に負える存在ではなくなったのです。


ちなみにこれ、


ナマケルダ「いつの間にか、サイアークの力を追い越されてしまったみたいですな



このセリフからも読み取れますね。(ホッシーワやオレスキーも似たようなセリフを言ってましたが一番印象に残ったのがナマケルダだったのでチョイス)
一つ言うならいつの間にかではなく明確に実力は上げていたのですが幹部達はそれに気づくこともなく慢心していたってことですよね。
彼女たちの成長は、視聴者からはすごく目に見えていたんですけどねー。
まさに、成長する者としない者たちとの明確な図式でした。
ところで倒されてしまった幹部たちは何処へ?
幻影帝国には戻っていないようですが…?
最後のオレスキーのセリフを見るに、洗脳が解かれたとも考えにくいですし。




今回、注目したいセリフがいくつかあります。
まずはピクニック中の会話。

めぐみ「きっとこういうのが幸せって言うんだよ。
大好きな人達と、こんな風に普通にすごす
そんな当たり前の生活が一番の幸せハピネスなんだと思うな



人助けが取り柄で、正直個性という意味では今一歩薄い印象の受けるめぐみ。
これ、彼女だからこそのセリフなんじゃないでしょうか。
当たり前の日常を当たり前に過ごす。それこそが真の幸せ。
そうだよ。それが、君たち4人や世界中のプリキュアたちが守ってきた「平穏」そのものなんだよね。
当たり前のことを言ってるかもしれないけど、私はこれめぐみという人物だからこその言葉だと思えてなりませんでした(´;ω;`)
そして、この第40話という作品を最も体現したセリフだと思っています。


次はラブリースタンプで攻撃する前のシーン。


ブルー「皆、本当に強くなってくれた。
多くの奇跡を起こし、困難な状況を乗り越えた今の彼女たちなら…例え、幻影帝国にいったとしても、立派に戦えるはずだ。



ブルー様からの太鼓判。この一連のシーンを見れば成程納得以上の言葉が出ません。
多くの奇跡を起こし〜ってセリフの所で過去39話(+NS3や劇場版)までが走馬灯のように蘇る気持ちになりました。
でもね、彼女たちが起こした奇跡ってのは運が良くて起こったものなんかじゃあ決してありません。彼女たちの強さが、愛が生み出した結果そのものなんですよね。
そして。ブルー様のこの発言の意図はお分かりですよね?
次回から始まるってことですよ。幻影帝国での最終決戦が……!!!!!!!


そしてイノセントプリフィケーション前の4人のセリフ。


ラブリー「私たちが……みんなの幸せを守るために戦っているからよ!
フォーチュン「そのためなら、どんな相手が向かってこようと構わない!」
ハニー「私たちはもっと強くなれる!」
プリンセス「それが……ハピネスチャージプリキュアなんだからあああああ!!!!!!



OPテーマのセリフパートのアンサーとも言えるこのセリフ。
何故彼女たちが強くなったのか?
三幹部の疑問に真っ向から回答して出た言葉がこちらでした。
幸せハピネス。
本作において何度も登場するキーワードですが、それを誰よりも求め手に入れようとしているのは彼女たちです。その強さの源は勇気優しさ幸運
今回は、日常回であると同時に今までの成長の結果を存分に発揮したある種の覚醒回とも言えるのかもしれません。


ラスト。その直後の必死になる三幹部に対するラブリー。


ラブリー「あなたたちは気づいているんじゃないの?人の不幸では、幸せになれないってことを!



スパロボでいうコマンド「説得」ですよこれ。
イノセント覚醒回からチラホラと見え隠れする三幹部との和解のためのフラグ立ての1つ、なんでしょうね。
今回三幹部たちはその後どうなってしまったのかは分かりませんが、やはり私の中で和解する展開しか見えてきません。だってもう、ラブリー達には本気で倒して潰そうって意思が見えないのだから。
そしておそらくは次回のファントム、ミラージュにもこの意思はつながっていくと予想しています。



そしていつものように今回のゆうゆう!!!!
細々と注目できるところが今週多かったですね〜
まず、めぐみと一緒に口開けて扉の前で数秒止まっていたのがツボでした(*´ω`*)
学校ではラブ話に花を咲かせるおひめちゃんに注目したり。
放課後はリボンの真似するめぐみの悪乗りに付き合ってあげたり。
休日の大使館に差し入れを持ってきたからという理由で訪れたのも中々(^o^)
大盛りご飯ってお客さんから食材もらうこともあるんですね!野菜が多かったのが気になりますね!
ピクニック決行後はサンドイッチを食べているシーンがありましたが、これはゆうゆうが作ったのかな?みんなが作ったのかな?どっちにしても美味しそうだなぁ(*≧∀≦*)
アクションではハニーリボンで雁字搦めにしてからの久々のココナッツサンバを披露!
マラカスリズムスパークは使いませんでしたが今回唯一のフォームチェンジでした!
そして最後はこのセリフで〆!!!!!


ゆうゆう「幸せ特盛お腹いっぱいだよぉ〜



毎度毎度言ってるから聞き飽きてるかもしれないけど何度でも言おう。
幸せなのは私です(*´ω`*)
あなたのそのセリフを聞くたびハピネスな気持ちになっているのは私なんです(*´∀`*)
ありがとう。君がいるそれだけで私は毎週幸せですよ。


さて次回は。
ついに潜入幻影帝国!!!!!
その初陣となる相手はプリキュアハンター・ファントム!!!!
1クールラストに登場し、多くのプリキュアを葬りかつフォーチュンを苦しめたファントム。
途中ハニーとのドラマもありましたが、遂に……決着が、着くようですね……。
そういえば、今回のミラージュとの絡みを見て久々に彼はミラージュの意思の元「のみ」で戦っているんだってことを思い出しました。
モデルは犬なんて聞いたことがありますが、だからこそ忠犬のごとく操られていても自分の意見とかは強く言えないんでしょうな。
おそらくは、ファントムも三幹部やミラージュ同様純粋な悪ではないと予想します。
本作における真の悪は、ディープミラーただ一人。
今週のファントムの動きを見てそんな考えが過ぎりました。


そしてファントムとの再戦ということはですよ。



ファントム「俺を倒さなかったこと、後悔する日がくるぞ。
ゆうゆう「構わないわ。その時までにたくさんご飯を食べて……もぉぉっと強くなって、お相手してあげるから!



第31話の、このセリフの伏線が回収される時が来たのですね……。
そう考えると次回はゆうゆうメイン回なのかもしれません。
気になったのは、おそらくファントムであろう人物がプリキュアたちをしたから見上げるすカットがあったこと。
多分戦闘後なのでしょうがそこで手を差し伸べるハニーが……私の予想通りの展開ならこれは……。あっていても外れていても次回の感想に書きますねw
ファントムの最期、しかと見届けたいです!!!!!!!!!!
……8時間後が楽しみだなぁwwww(次回始まるその日になって完成しましたの図


・今週のゆうゆう/キュアハニー
B2hRLXgCIAEZEvr.jpg

今回のゆうゆうの部分ではあえて省きましたが、調理実習で本気を出すゆうゆうです。
大盛りご飯特性ハンバーグ定食を調理実習で振る舞えるなんてクラスメイト羨ましいぞおおお


ゆうゆ「私も皆の笑顔が見られて、最高だよ〜」



からのクラスメイト全員に伝わる彼女の癒しオーラがすごかったwwww
言うまでもなく私もにへら〜な顔してましたwwwww
何度も書いてるし何度でも書いてますがご飯を食べるのも作るのも本当に大好きなゆうゆう。
その心は、クラスメイトや全国のお茶の間の皆さんにまで癒しを届ける最強の女神なのでした(*´∀`*)



追記は「キャラクターしりとり」です。おっさんだがすごくかっこいいギャルゲー主人公



-----------------------------------------------------------------


キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
・今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」は、現在2種類ございます。お好きな方をどうぞ。なお、VOL順の方が見やすくなっています。
作品順
VOL順

VOL.418
(前回:高町なのは)

418hakuoro.jpg
ハクオロ
作品名:「うたわれるもの」(※画像は「アクアパッツァ」
単語:「は」→「ろ」
説明:アクアプラス発売のアドベンチャーゲーム「うたわれるもの」に登場するキャラクター。
本作の主人公で、記憶喪失で重傷を負って倒れていたところ「エルルゥ」に助けてもらう所から本作はスタートする。
特徴とも言える仮面は着脱不可能であり、自身の身体能力や免疫力を高めてる効果を発揮している。
エルルゥの住むケナシコウルペに圧政を強いる領主と交戦国の領主として成り上がりトゥクスルを作り上げる。
最終盤になって彼は本作の世界を作り出した神「うたわれるもの」の半身であることが発覚。
オンミヤムカイでの最終決戦において、全ての災いの元である自身を封印することで物語は終結する。
領主こと皇帝としてのカリスマ性は抜群であり、この手のアドベンチャーゲームの主人公にありがちな未成熟な部分というものが全く見られないことは特筆すべき事項といえる。
アクアプラスのキャラクターが一同に結集する対戦格闘ゲーム「アクアパッツァ」にもプレイヤーキャラクターとして参戦、原作でも使う鉄扇やアルルゥといったサポート技を駆使して戦う。
PS2版およびアニメ版の声優は小山力也氏。


-----------------------------------------------------------------

【関連する記事】
posted by なたる at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ニチアサ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週のハピプリは穏やかでゆったりしていてどことなく今週の布石になりましたねー

四人が三幹部に圧勝したり(まぁ今週の流れを見ていると当然ではありますが)
まぁこの辺は次回書くことにします、次回書くことなくなっちゃうので(笑)

まぁ、今回の話は中学二年生の女の子たちの日常って感じでしたね。
プリキュアだって普段は普通の女の子ですから。

しかし、三幹部も最後通達されて来週見るからに洗脳されてる気もするのですが大丈夫かと思いますが
まぁ彼女たちならどうにかしてくれるかと。

個人的にはラストの寝転がる四人とリボンとぐらさんの描写が素敵でしたねー。
Posted by まさ at 2014年11月23日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409352964
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。