最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2014年07月24日

第439話「『キルラキル』感想〜鬼龍院皐月と四天王による物語〜」



ask-712m-ULtbwL._AA1500_.jpg


今回は、第431話くらいの段階から書こうと思っておりましたTVアニメ「キルラキル」の感想になります。


本作は去年の秋〜今年の春にかけて放送されていた作品で、主要スタッフが「天元突破グレンラガン」の方々(※ただしグレンラガンを製作していたガイナックスではなく、主要スタッフの独立後新たに誕生したアニメ会社「トリガー」による作品)ということもあり、放送前から注目していた作品だったのですが。
当時のレビューサイトやTwitterの評判を見た所、
「劣化グレンラガン」「グレンラガンより面白くない」
と言った意見がちらほらと見られ、この気持ちで視聴すると嫌でもグレンラガンと比較してしまいそうになるのではと考えました。
私は期待を持って本作を視聴しようとしていたこともあり、世論から離れて評価がしたかった。
なので、放映が終わって少ししてから視聴することにしたという経緯となりました。


感想としましては、まず本作はグレンラガンというより同スタッフが製作していたパンストの系譜を受け継いだ作品だろと訴えたい。
具体的には、エロい衣装身にまとって戦うとか、所々に見え隠れするエロ関連の描写に全く興奮できない点なんかがそれにあたります。
エロいのに興奮しない、だけどそれがいい。
パンストは私に新しい次元を開拓してくれたんですよ。それを発展させたのが本作なのではないかと。
なので、グレンラガンと比較している方は是非「パンティー&ストッキングwithガーターベルト」を視聴してみてください♪
こういう意見をほとんど聞かないのは知名度の問題ですかねぇ。


しかし、中身はエロがメインなのかというと全くそんなことはないです。
むしろ表面上だけがそうなのであって実際のところは熱いバトルアニメです。
前半は王道の学園バトルもの、後半からはその規模は世界レベルにまで発展し、学園側の生徒と世界を牛耳ろうとする黒幕との戦いにシフトチェンジしていきます。
戦いの規模も派手さも後半の方が盛り上がるのは当然なのですが、私は断然前半の方が楽しめました。


理由としては、「主人公の影が薄くなってしまった」ことが一番の要因です。
主人公の纏流子が本能寺学園に入学したのは、父親の死の真相を突き止めるため。
それを知っているとされる学園の統率者の鬼龍院皐月を打倒する、というのが前半の主なストーリーでした。
しかし、後半において本能寺学園とは全ての黒幕を倒すために皐月が作り出した戦士の養成機関であり、流子の存在も来るべき黒幕との戦いに利用する戦士の一人として泳がせていたことに過ぎなかったことが判明します。
結果的に流子の活躍により黒幕を倒すことにはなりましたが、本作の大元の目的に流子という存在は必要ないのです。
漁夫の利として利用した人間が結果的に争いを終結させただけ。
つまりは、皐月こそが本作の真の主人公なのであり、流子はその引き立て役に過ぎなかったようにしか見えなかったのです。
正直のところ、四天王(※皐月を支持する生徒会役員達)の皐月への愛から見えるキャラクターの濃さも相まって、流子の影は後半に行くに従って次第に薄くなっていくばかりでした。
例えるなら、後半は事実上敵である彼の物語とも言えた「機甲戦記ドラグナー」のマイヨ=プラート。※ドラグナーの本来の主人公はケーン=ワカバ。
勿論、それが作品として良いものになっているのであればこういう展開もアリなのかもしれません。
ですが、本作は流子が話の大基に必要ないという点でマイナスに働いていると私は感じてしまいました。
誤解のないように言うと、私は流子というキャラクターを嫌っているわけではありません。
ですが、(おもに後半からは)皐月と四天王の描写ばかりがメインになっていて流子の方の魅力をあまり感じていなかったことも忘れてはいけないのです。
だから、流子が王道に主人公やっててわかりやすく戦っていた前半の方が私は好きなんですよね。


以上のような後半の流子の扱いを除けば、概ね素晴らしい作品だと感じました。

エロコスを着ることが逆に強化へと繋がっていくこと(エロ要素が無意味なものにはなっていない)や、私の中で人外説が出ている満艦飾マコによるゴリ押し説教シーン、単純ながらバトルシーンの作画は凄まじいものになっているなど、評価点は数多いんですよ。
特に、前半の流子と四天王の四連戦もまた熱い激闘の数々で、このあたりが本作で最高潮に盛り上がりました。
しかし、この四連戦に針目縫が乱入してから徐々に熱も下がっていったという感じですかね。


まとめると、前半は最高だったが後半から徐々に失速という2クールアニメの佳作止まりの作品にありがちな評価になりました。
流子の戦う理由や魅力をもっと後半部分で押し出してくれれば評価は違ったものになっていたかもしれません。
ただし、後半のストーリーの影響もあって皐月や四天王がより好きになったのも事実だったりします。
いや、前半の時点で私はこの五人が好き(特に私は蛇崩乃音を推したい)でしたが、後半は事実上彼らの物語と言っても過言ではなかったですからね。
だからこそ流子の扱いの悪さに残念だなぁと。

作品としてはしっかりまとまっていることと、バトルシーンだけ見れば非常に高いクオリティなので、外見や世論に惑わされず是非とも視聴してほしい。
最近放送したアニメでは高いレベルハマりました。
ただ、物語の顔である主人公の影が薄くなるというのは作品としてよろしいことだと言えないという考えがあるので、このような評価となりました。


以上です。
追記は「キャラクターしりとり」です。物語上では影が薄いが人気はある?




キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
・今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」は、現在2種類ございます。お好きな方をどうぞ。なお、VOL順の方が見やすくなっています。
作品順
VOL順

VOL.360
(前回:ゴルミラ)

360raichi.jpg
ライチ
作品名:「BLAZBLUE」シリーズ
単語:「ら」→「ち」
説明:アークシステムワークス社の2D対戦格闘ゲーム「BLAZBLUE」シリーズに登場するキャラクター。
シリーズ第1・2作の舞台であるカグツチ下層の下町オリエントタウンで医者をしている女性で、本名は「ライチ=フェイ=リン」。
実はオリエントタウンに訪れる前は第七機関に所属していて、「ココノエ」の助手を担当していたが、同僚の「ロット=カーマイン」境界に触れたことで化物に変貌したことから彼を救うために第七機関を去ってしまう。
主人公である「ラグナ=ザ=ブラッドエッジ」と大きく絡まないこともあってか「ストーリーでは空気」と言われがちであったりする。
一方で、第2作「CONTINUUM SHIFT」のストーリーモードのカルル編では親父を殺そうと死に急ぐ「カルル=クローバー」母性で説得したり、本作の世界観設定の基本を教えてくれるストーリーモードの外伝「教えて!ライチ先生」ではナビゲーターと努めていたり本作に全く必要のない空気キャラというわけではないことは付記する。
彼女を話題にするうえでよく言われることは、このスタイル抜群の容姿だろう。
実際「タオカカ」には「乳の人」と呼ばれたり、貧乳枠の「ノエル=ヴァーミリオン」や「レイチェル=アルカード」に嫉妬されるなど、本人は嫌がるものの何かとこの容姿を話題にされることが多い。
ちなみに初期段階では下乳丸見えだったらしいが女性スタッフのバッシングを受けて没になったとのこと。
ゲーム中の性能としては、武器の萬天棒を設置し、設置していない状態としている状態で技が変化する設置タイプのキャラで、第2作「CONTINUUM SHIFT」では火力と固め能力の高さが評価され猛威を奮った最強キャラの一角である。
声優はたかはし智秋氏。

【関連する記事】
posted by なたる at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。