最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2014年04月21日

第399話「今までと、これからと」



本題に入る前に、コメント返しですよ〜。

>影の王子さん

ブログの閲覧及びコメントしていただきありがとうございます。
そしていつもTwitterではお世話になっています。
ビリーザキッドは本当にとてもいいお店でしたので、是非とも楽しんできてください!
そして、倉田てつをさんに会える事を祈っておりますッ!


Twitterのフォロワーさんから初コメントいただきました。ありがとうございます。
それでは、本題に入りましょうか。


2010年11月7日。
気がつけば、高校2年生の秋頃に始めたこのブログも開設から3年半過ぎようとしています。
※初代ブログからの通算。現在の2代目は2011年5月15日に移転したので2年と11ヶ月ほどになります。
ふと振り返りたくなってきたので、当時のことを思い出しつつ色々書いていきます。


・黎明期


元々やっていたブログやHPを閉鎖し、ブログ一本でページを作ろうと決心したことが全ての始まりでした。
最初のタイトルは「なまえをよんで」だったんですよね。まどマギ放送前に開設しましたし。
当時、「魔法少女リリカルなのは」大好きな私はこのフレーズをどこかで使いたいなと思っていたんですよ。
タイトルはそこから生まれたのですが、後に放送された「魔法少女まどか☆マギカ」にも同じくらいハマり最終回のサブタイくっつけたら面白そう……なんて思って現在のタイトルになりました。
嬉しいことに、検索サイトで「なまえをよんで 私の、最高の友達」と打つと当ブログが一番最初にヒットします。
人にブログを宣伝したいとき非常に楽になりました。リリカルなのは及びまどか☆マギカのこのサブタイを考えた方には深くお礼申し上げます。
この時期で今でも心残りだったのは、修学旅行の連載記事を1日目だけ書いて放置したことでしょうか;※7泊8日の旅でした。


・初期


ブログでアニメやゲームのレビュー記事を書くレビューサイトを中心にしようというのが心情で、それは今でも変わっていません。
ですが、日記的な意味合いも兼ねて日常的な話題を書いたり、毎日更新をモットーとしたりと方針も少しずつ確立していきました。
今になって初期の記事を読み直したら、恥ずかしいのなんのです。
一部レビュー記事の過剰な叩きとも言える文章があまりにも稚拙で、読んでいて死にたくなりました。
文章が稚拙なのは今でもそうかもしれませんが、昔はもっと酷かった。
例えるなら、イラスト描くのが好きな方が昔の自分の絵を見たり、小説書く人が中学時代の自分の書いた小説を読んで絶望・失笑してしまうアレみたいなものです。
高校時代で血の気も多い時期だったので、何かと叩きたくなる風潮でもあったんですかね。真相は当時の私のみぞ知るといったところw


・キャラクターしりとり


しかし、初代ブログの頃に書いて良かったなと思える記事が2点あります。

1点目は魔法少女まどか☆マギカ関連の記事。
当時のリアルタイムな感想を記録できたこと。
痛々しいかもしれないが、あの時は必死にありのままの感想を書いていたので、前述の過剰な叩きレビュー記事に比べると恥ずかしさは薄いです。



2点目はキャラクターしりとり。
どうせ数ヶ月で飽きるだろ……と思っていたしりとりも、現在でも継続して続いております。
「目標1000キャラ!」なんて豪語していましたが、あれってその時書いたノリだったんですよね。10キャラくらいでやめるもんだと思ってました。
現在でも、とても1000キャラまでたどり着ける気がしませんw※今回の記事含め、現在320キャラ
なんですが、今でも続けているのは、書いていて楽しいからというのが要因だったりするんですよね。
好きなキャラなら魅力的に紹介したいですし、嫌いなキャラなら見つめ直す機会になるかもしれない。そういう所が楽しいんです。
実際問題、このブログに特定のキャラクターの名前を画像検索のワードに入れて辿ってきたというのはアクセス解析を見てもよくわかります。
まぁ、変なキャラクター書くこともありますからね。
ガルサンダーをキャラクターとして取り扱って解説してるブログなんて、ここだけじゃないだろうかw(別に調べてないけど)

キャラクターしりとりに関しても、試行錯誤の末に落ち着いたといったところですね。
初期の頃は特にルールも制限も設けていなかったので、やりたい放題。
好きなキャラは1個分の記事くらいの長文で紹介するわ、原作さほど知らないキャラは数文で終わらせるわと贔屓が過ぎていました。
途中から「1キャラ10文まで」という制限をつけることで、こうした優劣はなくした感じです。
しりとりなので、最後に「ん」のつくキャラが取り扱えないのが悲しいところ。
ロックマンのボスキャラとかデジモンなんかはいい例ですね。(※共通して「ン」で終わる。
選ぶキャラのチョイスの贔屓も酷かった。
辞典を見ていただければ分かりますが、「BLAZBLUE」「まじこい」「まどマギ」キャラ率がやったら高いんですよね。
なんというか、その当時の流行に身を任せているというのだろうか。
最近だと「LIVE A LIVE」のキャラも少しずつ多くなっている気が…w


こんな感じに、記事にしてもしりとりにしてもまだまだ発展途上なんですよね。
そこが個人サイトらしさというかなんというか。
死ぬ前には1000キャラ到達できればなぁ〜……なんて遠い目をしながら毎回書いてますw


・中期(2代目移行時)


2代目になってからは更新ペースこそ下がりましたが、いろんな連載記事を企画したりして書き続けるモチベーションを上げようと努力していたのも記憶に新しいです。
一例を挙げると、まじこいプレイ感想、アニメのミニ感想、MF2育成日記、アニメの総評なんて書いていました。
しかしそのすべてが何かと理由をつけて凍結。

アニメ関連に関しては、ここ最近のアニメに対する情熱が下がってしまっていることが一番の要因。
まじこいとMF2はHDDが壊れたことでデータが消えてしまったので、今までの苦労がすべてパーになってやる気が……というのが顛末。
まじこいに関してはそれから一気にクリアしちゃいたくなったので、記事にすることなく。
MF2に関してはキングラウー倒したことで満足したってことで。
まぁ、MF2は不定期にデータ消してやり直しているので、気が向いたらまたやるかもしれないですね。


・Twitterや実況動画による影響(最近)


去年の冬休み前まではたくさん更新していました。
しかし、春休み終わってまたバイトを始めたあたりから事態は急変。
バイトに明け暮れ、ちょっとしたことならTwitterで呟くという習慣が出来てしまいました。
もともと、「長文はブログ、ちょっとしたことはTwitter」っていう分け方をしていたんです。
次第にTwitterの居心地が良すぎて、ブログの存在を軽視するようになります。
結果、ブログに書く事はTwitterでは自主的にネタバレを自重をしている最新映画の感想記事くらいに。
要するに、ブログで更新することに面倒くささを感じてしまうようになりました。
時は過ぎること今年の2月。
ちょうど春休みが始まって旅行に帰ってきてからの引きこもり生活が始まり、Twitterにどっぷりハマってしまってからはさらに拍車をかけてしまいました。
日常話のちょっとしたことならTwitterで書けば数分で終わりますし、ブログと違って大きな反応が即時的にもらえます。
2月の後半くらいからは私に積極的に絡んでくれるフォロワーさんも急増していきました。
人に会わずとも、今は家にいるだけでたくさんの人と会ったような感覚になれます。いい世の中になりましたね。
そして、Twitterのあの空間が好きです。
たくさんフォローしているので、常に賑わっているんですよ。
そしてどの時間に呟いても、何かしらの反応がもらえます。
Twitterってこんなに楽しいものなんだ、と気づいたと同時に色々なことを失ったのも事実かもしれません。


そして忘れちゃいけないのが実況動画。
ニコニコで積みゲーを少しずつ崩しています。
1ヶ月前はTwitterにどっぷりハマってたので全くプレイしていませんでしたが、現在は少しずつ更新ペースが戻っていますね。
動画によっては全く反応もらえないこともありますが(ない方が圧倒的に多いけど)反応いただけた時はTwitterと同じような幸福感が出てきますね。
動画をUPしたことで好きになったゲームも数多く、「LIVE A LIVE」はまさにそれです。
こちらも一時期は毎日UPするくらいにハマっていた時期もあり、ブログ更新の低下を招いた一因でもありました。


・振り返って


初期の頃から現在に至るまで、発展途上の不安定なブログというのが結論です。
目標はあるといっても中途半端になったり、途中でやめてしまったことも数多い。
それが記録として残っているのは自分の未熟さが滲み出てる証拠。


でも、それを恥じてはいません。
確かに初期の頃の稚拙な文章は見ていて心が痛いです。
しかし、最近日課として見ていた動画シリーズAVGNによって生まれた自論があります。


人間というのは成功と失敗を繰り返し続けていくことで前に進める。


一方だけじゃあダメなんです。
私がこの3年間で積み重ねてきたことは失敗ばかりだったかもしれない。
が、キャラクターしりとりだったりレビューとして書いた感想だったりは確実に私の経験値になっているでしょう。
今後このブログがどうなるのかは分かりませんが、楽しく続けていこうと思います。
だって、失敗を繰り返したって楽しいことに何も変わりはないんですから。


そ・こ・で!!!!

このブログは一つ大きな路線変更をします!

今回の本題は実はここなんですよね。


・今後についてや改善点


今後やりたいと思っていること一覧です。


 ・キャラクターしりとり辞典のソート増加
  「あいうえお順」と「VOL順」を追加予定。
   何で作品順にしようと思ったのかは自分でもよく分かっていません。

 ・動画の更新報告記事
  動画の更新報告単体での記事化。
  毎回何かしらの記事のおまけですることが多かったのですが、こうすることで記事数の増加を目指す。

 ・プチ感想記事の追加
  文字数約500文字で最近見た作品の感想を書くという企画。
  レビューとかじゃなくて、ただ単に感想を書くだけです。
  まとめてではなく1つの記事につき1作品とすることで、記事数の増加を目指す。

 ・Twitterの1日の呟きを記事化
  キャラクターしりとりとの兼ね合いをどうするか検討中ではありますが、Twitterばっかり使っているのであればそこを逆手にとって記事を作ることにしました。
  うまくいけば、これによって毎日更新が可能かもしれない。

 ・テンプレ変更
  現在使用しているまどマギデザインのテンプレが使いにくいので、別のものに変える予定です。
  出来れば見やすいものがいいですね。
  まどマギ好きをアピールするという面でこのテンプレはいいのかもしれません。しかし、見やすい方が断然いいと考えます。

 ・企画記事やその他テンションなど向上によるほぼ毎日更新化
  これについては次回詳しく。


思いつく限りを書いてみました。
とにかく初期の頃から最大の問題だと思っている「文字数の多さによる更新時間の長さ」に最大に取り組もうかと。
また、「キャラクターしりとり1000キャラ目標達成のための記事数増加」にも取り組む方針です。
感想やレビューや日記は今までどおりでいいと思うのですが、記事を充実させかつコンパクトな記事作りに取り組むのが大きな目標です。
一応書いておくと、あくまで予定なので確定事項ではありません。


以上です。
さて、次回から第400話突入記念ということで、前述の「ある」企画記事をスタートします!
乞うご期待!!!!!!!!


P.S:その他要望や「こんなことやってほしい」というものがございましたら、お気軽にコメントくださいね〜!


「追記」はキャラクターしりとりです。キラッ☆



キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」はこちら

VOL.320
(前回:田所晃)

320ranka.jpg
ランカ・リー
作品名:「マクロスF」
単語:「ら」→「り」
説明:BD-BOX記念で最近地上波にて再放送されていた「マクロスF」に登場するキャラクター。
本作のメインヒロインの一人で、歌姫「シェリル・ノーム」に憧れて歌手を目指す女子高生。
とある映画に主演として選ば獲れたことをきっかけに知名度が上昇、瞬く間にシェリルと肩を並べる歌姫にまで成長し「超時空シンデレラ」と呼ばれるようになった。
主人公の「早乙女アルト」には徐々に片想いを始めるが、シェリルとの仲を見て複雑な感情を抱いてしまっている。
その正体はバジュラによって壊滅させられた船団の数少ない生き残りの一人で、作中度々現れる謎の男「ブレラ・スターン」の実の妹である。
展開がTVアニメ版と劇場版で大きく異なるため、彼女の結末やアルトとの関係には若干の相違点が存在する。
声優は中島愛氏であるが、氏は約5000人の中から本作のランカ役のオーディションに受かった新人で、まさにランカとは一心同体のような関係である。
また、「マクロス7」方式で声優と歌唱担当のアーティストが異なるシェリルに対し、ランカは氏本人が歌っているという第1作「超時空要塞マクロス」の体制を踏襲している。

posted by なたる at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。