最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2013年09月24日

第378話「『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート』見ました。」






こちらでの報告は遅れましたが、「WILD ARMS」遂に完結!!!
約1ヶ月に渡る熱い戦いでした。
こんなに面白いRPGに私はもっと早くめぐりあいたかった。
現在は隠しボス妥当のために色々準備中です。




そして現在プレイ中の新作。
久々のロックマンで、ワールドシリーズ最難関と定評のワールド3です。
ダストマンステージこわい……orz


レンタルで借りてきた映画の感想書きます。
今回は、「機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート」です。


4934569353023.jpg


本作は「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇」の同時上映として公開されたガンダムシリーズの劇場版作品です。
OVA版全12話のうちの第8話までを再構成した総集編で、タイトルにもあるアリス・ミラーというキャラクターの監査結果を元に語られる物語という形になっています。

本編の形としてはミラーというキャラを出し、総集編を彼女が「調べた結果」を映し出している、という手法は違和感なく良かったと思います。
50分という短い尺の割にカットしたシーンの間のつなぎにも違和感なく、総集編として模範のような出来ではないかと。

ただし、ラストはOVA版第9話に続く!という形になっています。
つまり、本作単独では完結していないので本作のみで第08MS小隊を視聴したと言えません。
レンタルでいうと3巻分までの料金を1本でチャラにしたと言えるかもしれませんが、続きである第9話はなんと第3巻収録。つまり、7話と8話分をまた余分に見ないといけないわけです。
そう考えると、OVA版を見たほうが無難のような気がします。
追加シーンもアリス・ミラー関連のシーンのみなので、わざわざ見ようってほどのものでもないですし。

総集編としての出来は悪くはないんですが、OVA版を12話しっかり見るほうが第08MS小隊を楽しめると思います。


さて、本編の話になりますが。
私はシローとアイナが二人っきりでイチャつくシーンが見ていて2828してしまいますw
雪原地帯で温泉に入ってるところとかが特に好きだったり。
その時のアイナの台詞で、「人類最後の人間が私たち二人だったらいいのに」って台詞が痛々しい印象的ですねー。

というか、アイナが好きなんですよね。
井上喜久子さんの正統派ヒロインといえば彼女のイメージが一番強かったりします。
ジオン=敵という視聴者目線の固定概念を壊していますし。

これは余談ですが、昔ボンボンで連載していた「SDガンダムフルカラー劇場」って漫画のアプサラスとリッキー(陸戦型ガンダム)の話は何度も読み化してしまうくらい好きでした。(この作品が私のガンダムシリーズにハマるキッカケだったりするんですが、それはまた別の話。)
彼女が好きなのはその影響が強いのかもしれません。
「SDガンダムフルカラー劇場」では、アプサラスはアイナがザクの仮面を被ってモビルアーマーから顔を出し、中で正座して入っているという設定でして。これがまた可愛いのなんので。
アプサラスはゴツイというほうが印象に残ると思いますが、私はむしろ可愛いという印象の方が強かったりしますw

また、本作を語る上で欠かせないと言えてVSシリーズでも猛威を振るうグフカスタムことノリスなんですが……。
残念ながら本作には未登場でした。
ノリスすら出てきませんでした!!!残念無念!!!


まとめると、なんだかんだで面白かったが特別本作を見ようと無理する必要はなかったかな。
といったところでした。


追記は「キャラクターしりとり」です。続編だと名前変わってます。



キャラクターしりとり
・ルール&始めからはこちら
ネタバレ注意
今までのまとめである「キャラクターしりとり辞典」はこちら

VOL.299
(前回:ラオウ)

299wei.jpg
魏(うぇい)
作品名:「アカツキ電光戦記」
単語:「う」→「い」
説明:SUBTLE STYLE製作の2D格闘ゲーム「アカツキ電光戦記」に登場するキャラクター。
「マリリン」も所属する大手マフィア「黒手会」に所属する「心意六合拳」の使い手。
黒手会のボスであり恩人の「インフー」殺害されたためその犯人を突き止める旅に出る。
こんな風貌ではあるが、アクの強いキャラの多い本作の中では比較的常識人の部類だったりする。
ゲーム中の性能としては、自らの技で性能を引き上げるドーピング技を使うことが特徴。
なお、続編の「エヌアイン 完全世界」では名前が「大魏(たーうぇい)」に変更されている。
声優は松本忍氏。(「アカツキ」との兼役である。


【関連する記事】
posted by なたる at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。