最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2015年05月29日

第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」



・近況報告

ツイキャスにハマってます。


・ニンニン12話

雷蔵散るッッッッ!!!!
予告からそんな気はしてたけどそうなってしまったかぁ〜。
OPの幹部は幻月と九衛門を除くなら3人。
ということは、1クールごとに幹部が変わっていくという感じなんですかね?
登場当初から存在感のあるキャラだったし、シンケンジャーの十蔵みたいに引っ張るのかと思いきや全くそんなことがなかったのが残念。
あんまり掘り下げないままぽっと出てやられた幹部という印象でしかないなぁ。
でも斬鬼さんが中の人なだけあって、悪鬼羅刹な戦闘狂というのは十二分に伝わってきましたよええ。存在感はあったけど本編での活躍が微妙だったという表現が一番適切だね。
雷蔵また出そうな気がするけど、その頃にはニンニンたちもずっと強くなって再生怪人の雑魚の一角とかみたいになりそうな気がする。


そして注目点は九衛門の正体が発覚したということだろうか。
この事実が示す未来は3つと見ます。

1つは、じいちゃんの弟子としての憎しみが深すぎるが故に最後まで対峙するラスボスルート。

2つは、和解して生存する近年の本シリーズの幹部によく見られる傾向の敵だけど憎めない幹部ルート。

3つは、ラストニンジャの後継者として再復帰しニンニンジャーの戦力となる追加戦士ルート。


2が一番ありそうな気がするが、あえてのイレギュラーな3も期待したいところだねぇ。
九衛門、今回は外道ではったんだけど敵にしてはどうも憎めないというか可愛げのある存在に見えてくるから安易に死ぬ展開だったら残念だなぁ。どうなんだろうね。


あと、スターが協力体制に入ったのも大きな進展があったと見ていいかもしれない。
闇雲に5人を殺そうとはしないだろうけども、5人の志を見て考え改めたなってのは雷蔵戦の時の加勢でハッキリと見られたからね。そして、その気持ちキングシュリケンジン覚醒へと繋がったと見てもいいわけだし。
敵味方双方に大きなドラマのある物語としてのターニングポイントでありましたとさ。
今後は九衛門の動向が一番気になるポイントになったねぇ。


さて次回。やっぱり出ます新幹部。
この特徴のある中の人は…… エ、エージェントアブレラ!?
いやまぁデカレン復活するけどこんなタイムリーなネタを仕込んでくるとはwww




・ドライブ30話


暴走する泊君と霧子がやっと止まったといったところだがもう私の中では手遅れという感じかなぁ。
真相を教えろ教えろって血眼になる彼らには本当不愉快な気持ちでしかなかった。これからは抑えるっぽいので良しとしたいが……。


チェイスが霧子に嘘をついたのは、彼が初めて人間臭いなと思えた行動でした。
霧子のために戦う彼だからこそ、霧子のことを守りたくてつく嘘もあるんだなぁってね。
前までのチェイスなら普通にバラしていただろうしなぁ。
霧子が彼を大きく変えた、というのがよくわかる描写でしたね。
また、今回のラストでチェイスはハート達に改造されたことが判明しましたね。
改造人間が平成ライダーで出てくるとは、ダークカブト以来だよなぁ。味方陣営側で描かれたのはこれが初なんじゃないのか?
ドライブがアンチ仮面ライダーであるなら、マッハとチェイサーはアンチ仮面ライダーのアンチテーゼ(つまりは元々のライダー)ってことだよねw


ロイミュード001の能力は実に厄介だね。タイバニのマーベリックを思い出したわ。トップの立場の人っていうのも同じだし。
が、こんなに早く泊君たちが正体突き止めるとは思わなかったよ。
でも記憶消される→また追い詰める→記憶消されるのループをしそうな気がしてならないw
記憶消す以外の単純な戦闘能力も高いのかなぁ、001は。


さて次回。やっと判明父親殺しの真相?そして001と泊君がついに対峙ッ!


・リセプリ16話



ついに来ました、みなみのメイン回(って9話もそうだろ!
作中で言及されていた海堂グループやみなみの兄貴の話についての掘り下げがありました!


それだけにとどまらず、「海のプリンセス」である彼女が昔泳げなかったという驚異的な事実が発覚。
そして恩人とも言えるイルカの友情劇からの新たなるドレスアップキー入手と、みなみに対してのこれまでの空気っぷりを払拭するかのような大活躍に素晴らしい回でしたねぇ。


そうか、元は泳げなかったのか……みなみ。
泳げなかったけど海のプリンセス、っていうと「夢がないけどキュアドリーム」や「愛というものを理解せずにプリキュアになったキュアラブリー」っていう二人を思い出すね。
まぁ二人と違ってその矛盾点は解消した上で今プリキュアであるんだけども。
でもその意外性とイルカとの話はうまくまとまっていたと思う。みなみならこうなるだろうなって納得できるような、そんなお話だった。


気になったのは、海堂兄弟を見て何かに反応するトワイライトだね。
兄弟を見て何かに反応するトワイライト………はっ、これって……!!!!
割と真面目に13話感想で書いたこと当たってるのかもしれない?????


さて次回。
きららのお母さん登場か!きららの憧れのお母さん、どんだけすごい人なんだ!?
個人的にお母さんがきららのほっぺつねってるカットが気になりましたwww


追記はキャラクターしりとりです。Twitterで募集したキャラより、ドンさんから採用させていただきました!
ご協力頂いたすべての皆様に感謝感激です。ありがとうございました!

追記
posted by なたる at 03:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ニチアサ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」



・近況報告

何もしたくない


・ニンニン11話


スターニンジャーの活躍は止まることを知らない!ヒーハー!!!!
スターニンジャーとアオの関係性いいね。
お互い帰国and魔法使いって点で重なるわけだが、性格は全くの真逆。後々凸凹コンビになりそうね。


さて内容は、帰ってきたウルトラマンのヤメタランス&ササヒラー回みたいなもの?w
というか、近年の仮面ライダーを遠まわしに皮肉った回のように私は解釈しますね。
新しいギミックを出しては捨て、出しては捨て……そうやって「ああ、こんなギミックあったよね」なんて言われる光景は、最近のライダーじゃあデフォルトになりつつあります。
戦隊もあながちそうと言えないこともないが、去年のトッキュウジャーはそうではなかったかなぁ。
それはさておき。敵の能力により自分の存在が忘れられていくことを恐れるシノビマル。中盤に2号ロボとかでたら本当にそうなりそう
それと、シロとキも敵の能力によってシノビマルと同じような心境になるのですが、2人が「どうせ影薄いし」私(というか視聴者)が思っていたことを公式で代弁したのは素直に笑っていいのかどうか。
こ、これからさ!うん!この二人のことは陰ながら応援していこうそうしよう!!!!


ロボ戦では、遂に九右衛門が毎回行っていた肥大蕃息の術がカットされてしまいましたねぇ。
九右衛門といえばこれ!って言えるシーンだったのでちょっと寂しいかな。カットしなくてもいいんじゃないだろうか。


次回。
雷蔵との最終決戦!なのかもしれない?


・ドライブ29話


泊君の周りの見えなさが正直不愉快にすら思えてくるレベルになってきました。
このブログでは全く話題にあげていませんでしたが、最近は父親殺しの真相を知るのに必死すぎてもう見るに堪えないほどに主人公やってません。
事件の捜査になると冷静に対処していたあの泊くんはどこいったんだ?
肉親の問題がデリケートとはいえ、この態度が剛の闇堕ちを促進させたことを考えると本当にアカン。
もう仮面ライダードライブじゃなくて、仮面ライダーマッハに改名してもいいんじゃね。
これで泊君父親殺しの真相が大したものじゃなかったらさすがにキレそう。


一方の剛は案の定ブレンの導きの元闇堕ちしドライブ達と交戦。
これってつまり、ドライブのデッドヒートはしばらく登場不可を意味してるよね。
デッドヒートはマッハの専売特許のようなものだけども、しょうがないか。
今はもうフォーミュラ一択みたいなものだしね。
何げに、このマッハとの交戦中のチェイサーがかっこよかったね。初めて好感もてましたわ。
そのあとの交戦中のドライブとチェイサーがぶつかり合うピンボール状態は笑ってしまったがwww


話も着々と真相に近づきつつありますが、果たしてどう落としどころをつけるんだろうなぁ。


さて次回。
マッハVSチェイサーが激化。そして泊君の父親殺しの真相に一歩近づく……?


・リセプリ15話


結論から言うと、現時点で見てきた回の中で一番大好きな回でした。
妖精2人が擬人化ということで、12話のようなはっちゃけたギャグ回くるんじゃねと予想していたのですがその予想は見事に裏切られましたね。
アロマとはるかの絆の深さ、成長をしっかりと描いていました。


アロマは、自分がグレードアップするための試験だから自分のことしか考えられなくて頭がいっぱいになっていて。
はるかは、アロマがグレードアップするために無茶なことでも少しでもこなそうとして。
結果的に試験は不合格だったわけですが、アロマははるかに無茶なことをさせていた上になんで不合格なのか、と一人で落ち込むのに対し。
はるかは、アロマの所業に何も言わずむしろ力になれなかったことを謝罪する姿を見て、はるかって本当に心から優しい性格の女の子なんだよなって気づけたんだよね。


そしてゼツボーグとの戦いでは。
アロマを無能とdisるロックやトワイライトに対し、真正面からフローラは否定。
アロマは無力なのではなく、自分にできることをするだけ。
こういうふうにポジティブに捉えることができるフローラを心からカッコイイと思えたし、その次のアロマの行動にもつながるわけなんだよね。
フローラの苦戦にまた何もできずに悲しそうになるアロマ。
しかし、フローラの言葉を聞いて彼にも出来ることに気づき、まっさきにみなみときららへ救援に呼び込むシーンは涙が出そうなレベルでございました。
この行動でアロマも自分に何が足りなかったのか気づくわけだし、成長にも繋がっているわけなんですよ。


今回の注目点は、夢と絶望というワードにメインキャラの内面が初めて描かれていた点です。
プリキュア達で見ると、はるかときららは明確な夢を持ちそれに対する努力を怠っていないので絶望につながることはありませんでした。
みなみは夢について具体的に描かれてはいないものの、周り支えるブレーキという役回りからかある種達観した感情を持ち合わせており、絶望には繋がりません。
パフとシャムールは置いておくとして、夢がある。だけど叶わず絶望する!っていうプロセスが描かれたメインキャラは今回のアロマが初です。
下手すれば、アロマを媒介にゼツボーグを生み出すことも可能だったかもしれないんだよなって思うと今後そういう展開とかありそうな気がしてならないね。前作ではサブキャラの誠司が標的にされる例なんかもあったし。


アロマの未熟さからの成長、そしてはるかというキャラクターの持つ優しさ。
そんな魅力がぎっしり詰まった今回は見ていてすごくいい気持ちになれたし、ギャグ回だろという私の予想を見事反してくれたのか涙が出そうになるくらいの感動回でございました。
前話といい、本作は日常回ですら丁寧で感動的なな内容になっているのが素晴らしいですね。
今回で私はアロマ、そしてはるかが好きなキャラだわって言えるほどに感動しました。゚(゚´Д`゚)゚。
アロマ……いや、ロマ君とはるはるに今後は大きく注目していくかもしれませんwww


さて次回。
皆で海へ。みなみのお兄さんが遂に登場なのね!日常回はまだまだ続きます!!!

追記は「キャラクターしりとり」です。好物はご飯

追記
posted by なたる at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | ニチアサ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」



・近況報告

亡国のアキト3章見てきました。
感想は書くかも知れないしかかないかもしれないが、それよりも先月見に行ったたまゆら劇場版第1章の方が感想書きたいかも


今回は1個1個記事書いてると全然追いつけなくなっちゃうんで今回で3回分まとめて一気に感想書く事にします。


・ニンニン


8話


実は生きていた関智一……復活のS?w
というのはさておきシロニン回。
キと同じで高校生、そして忍者であることをあまり好ましくないとはなぁ。
あれだ、思春期ってやつだな。
しかしシロとキ、大学生だけどモモが学生やってるのを見るとアオとアカはなんなんだ……って突っ込みたくなってしまう。
アオは確か魔法学校を主席で卒業だっけか?アカはヒm……フリーター?


シロの掘り下げをしっかりしていて良回だったね!



9話


アオのお母さん登場。しかし手裏剣を服につけるだっs(ry
5人の連携プレイがしっかりとれていて、チームとして徐々に良くなってきているなぁ。


ロボット戦では久々のシュリケンジンドラコ……なのは良かったがまさかの新ロボ登場というかえ、もう追加戦士登場するの!?(ОдО‖)
次回で2桁突入ではあるがあまりの早さにびっくりでございます。
黄金の風貌してるからキンニンジャー?オウゴンニンジャー?
ロデオマルというロボの名前から海外の忍者という感じがするね。
どこの世界忍者戦だよ!!!
世界忍者とか言って各国代表の忍者が出てきそうな気がす……る……???


さて次回。キンニンジャー(仮)とニンニン達との本格的な合流回だね!


10話


成程、キンでもオウゴンでもなくスターと来たかw
というわけでスターニンジャー堂々本格参戦でございます。


じいちゃんが海外に行ってたとき見つけた逸材ということなのね。そして彼もラストニンジャ継承者候補の1人であると。
しっかりと動機があるし、これは面白いかもしれない。
キャラクターも例年の追加戦士同様超個性派。風貌からに快傑ズバットだし、喋り方も独特で存在感が溢れていたw
アクションシーンではお馴染み追加戦士補正による怒涛の無双回だった。妖怪が気の毒なレベルだぜ。
だが数話もしないうちにスターも5人と同じくらいの実力になるはずさ(暴言
個人的には、戦いの最中にカメラで写真撮るのがもうツボだったwww
ロボ戦ではバイソンキングよりも、ロデオマルで暴れまわる姿のほうが印象的だったわwww


という感じで5人から話題をかっさらうかのごとく参戦しましたスターニンジャーですが。
果たして本編にどんな新風を起こしてくれるのか、楽しみだぜ!


さて次回。
シノビマルの身に一体何が…………?????


・ドライブ


26話


仮面ライダーチェイサー初登場!!!!
半信半疑で正義とは何か?と考えながら覚醒したわけですが………うーん、思ったよりも盛り上がらなかったな(´・ω・`)
ハート様、あそこでチェイスが仲間になったの認めちゃうって、もうチェイスいなくても俺たち余裕で勝てるしみたいな舐めプみたいに見えてしまったんだけど……。
友達だからこそ敵になってほしくないって言ってくれるのを期待していたw
というのはいいとして。
要するに霧子を守るナイトのような感覚でライダーに覚醒した感じだったね。
助けたのは霧子だし、記憶がない以上霧子が生きる意味であるというのは合理的ではある。
しかしチェイス、一体何者なんだろうなぁ。
元人間っぽい感じはするけど、本名もまだ明らかになってないしなぁ。ハピネスチャージプリキュアのミラージュみたいに最後まで本名明らかにならない気がしなくもないけど
ここの話は掘り下げあるのかな?剛のこともよくわかってないし、今回ちょっと取り上げられてた泊君のオヤジの話も気になるところ。
今まさに中盤戦だから、ここから怒涛の伏線回収が始ま……るのかな?


チェイサー、魔進(今後は敵時代はこのように呼称します)時代とは打って変わって真っ白なデザインとはたまげたなぁ。
そして武器が斧か……魔進時代のあのハサミはもう使わないんだろうなー。
魔進と差別化を図っているから全く別のヒーローに見えてしまうね。プロトドライブとも魔進とも違う新たなニューヒーローという出で立ちだ。
覚醒までのプロセスはあんまり盛り上がらなかっただけに今後に期待する。


27話


今回は、最後の剛の衝撃の一言に全てが集約されているといっても過言ではないでしょう。
ロイミュードを生み出したもの……それは、剛の父親という衝撃的事実。
これを聞くと、今まで剛がどんな気持ちでロイミュードと戦っていたのか、と少し胸が痛くなります。
今まで、本作の清涼剤のごとく明るく振舞っていた剛。
だがしかし、その心の奥底でどれだけの憎しみを持っていたのか。
そうです、私はこれが見たかったんですよ。やっと表面化してきたなぁ。詩島剛の物語がさ
チェイスに複雑な気持ちを持つのも納得だよなぁ。


3号のとある一件から私の中で爆発的に好感度が上がりつつある剛。
一方で泊君や霧子への好感度は一気に下がりつつあったりしますね。
特に霧子。チェイスが大事な気持ちも分かるけど、その気持ちが剛を誰よりも追い詰めていたんじゃないのだろうか。
霧子がチェイス一筋すぎるせいで、よけいないざこざが増えてしまった感があるよ……。
もっとやりようがあったと思うんだけどなぁ。
この二人が兄弟だとあまり思えないことも、霧子への好感度マイナスへの要因に繋がっているんだよね。


そして今回の事件、どうも剛に助けを求めた女が怪しいんだよな。
こいつがロイミュード、なんて展開だったら…………。いや、外れてくれ。外れてくれ私の予想。


28話


剛の悲劇は続くよどこまでも。もうこれ以上彼を甚振るのはやめてくれ……。
そんな風に叫びたくなる辛い回でございました。


まず前回の父親云々の話については、どうやら霧子は知らない模様で話す気もないようだ。
知らないことがいい幸せってのもあるけど、これ終盤何らかの形で霧子が事実を知ってショック受ける展開なんじゃね?とも。
そしてこれはTwitterで指摘されていたことなんだが、「俺には時間がないんだ……」っていう剛のセリフ、やけに気になります。
Twitterでは「マッハの時間制限(そういえばそんな設定あったな)が大きく関係していそう」なんて噂がたっていますね。
ロイミュードを急いで全て殲滅しなければならない理由……一体何があるんだろう。
何か、予想だにもしないような大きな爆弾を剛は抱えている。そんな気がしますね。


そして案の定といいますか、嫌な予感って当たるんだね。あの剛をハメたクソ女はやっぱりロイミュードでした。
ここでキレた剛の憎しみは迫真の演技だったわ。そしてその怒りこそロイミュード最強の戦士を誕生させる何か、と001は言っています。
そういうことなのか……。
まさかそんなことになるなんて……。


 剛 が 闇 堕 ち す る な ん て 、 信 じ た く も な か っ た


一体剛をどれだけ貶めれば気が済むんだよ!悲劇のヒーローってレベルじゃねぇよこれ。゚(゚´Д`゚)゚。
序盤の頃飄々としていたのが逆にかわいそうに見えてくる次元だよ……。
どうなっちまうんだ、これ……?
そして私はどんだけ剛が好きなんだよとwww
正直泊君も霧子も全然好感持てないキャラに成り果ててしまったし、もう私の中の本作の最後の鍵は剛と言っても過言ではないからね。うん。
闇堕ちについて一つ。おそらく闇堕ちしてしまった剛を止めるのは、チェイスが鍵になるのだと予想。
境遇としては対照的だからねこの二人。泊君ではないだろう。


さて次回。
迫りくるブレン。剛逃げてえええええええええええ!!!!!


・リセプリ


12話


クローズが消滅し第2章……という感じではなく。
なんというか、本作で初とも言える突き詰めるまでのギャグ回でございました。腹が痛かったwwww


今回のゲストキャラである一条らんこ、その圧倒的存在感で今回主役状態だし一応メインであるきららの出番を食っているレベルで終始大爆笑でございましたwww
しかも演じるは、ラジオだとかなりのハイテンションで定評のある矢作紗友里さん。正統派なヒロインキャラばっかり演じている氏ですが、個人的にはラジオの印象がものすごく強いのでらんこはそのままの矢作さんという印象でございました。
最初は印象悪いですけど、こういうタイプのキャラは今まで本作に出てこなかったからただただ驚きでございました。しかもはるかより先輩だし!!!!!(ОдО‖)
再登場に期待。



13話


遂に登場、OPの銀髪の女性……トワイライト。
ディスピアの娘にして、ディスダークの王女様という立ち位置でございました。

この事実から私の仮説が1つ。
ディスピアって元はホープキングダムの王女とかなんじゃねーの?
何らかの手段で闇堕ちしてしまって(前作で言うレッドなり前々作のキングジコチューのような「黒幕」の存在と考えるのが一番妥当?)、それでホープキングダムに逆恨みして(前作のミラージュ的な)潰そうとしている……みたいな?
この仮説が仮に正しいとすると、カナタとトワイライトは兄妹(または姉弟)になってしまうんだけどねw
でも前作の事を考えると全くありえないってことはなさそうな気がするね。まぁここらは詳細わかり次第予想がどんどん変化しそう。


話の内容は、7話や8話と同じで奮闘するはるかな話。日常回なようでキーキャラ初登場なので重要な回でしたね。
トワイライトの音色に惹かれるはるか……っていうのは、今後の展開の伏線のような気もしました。
彼女もドライブの剛のように闇堕ちしてしまうんじゃないか、なんて……。8話の頃にも思ったことではあるんですけどね。



14話


はるかの家族、春野一家がゲストで登場。
というかはるか、お姉ちゃんっ子だったんかい!!!!!!!!!
予告だけ見たら「はるかが姉……?嘘だろ!?」って感じでしたが、本編見たら「ああ、はるかはお姉ちゃんだわ」と納得してしまったね。


そして妹のももか。中の人がまさかのうさぎドロップのりんとはなぁ……w
「なんだこの棒読み」とか正直思ったんだけど、後々りんと知ったら許せてしまいました
そっけない態度取ってたけど、それでもはるか大好きっ子ってのはギャップがあってよかった(*´ω`*)
いい姉妹愛を見ることができました!


シャットはもうトワイライトの下僕みたいになってるし、ドライブのブレンみたいになってるなw
次に退場するのは彼のような気がするが、クローズとは違う意味で存在感のあるキャラになっているwww


さて次回。
パフとアロマの擬人化!!!!!!!
前々作以来の妖精の擬人化!!!(ってもうミスシャムールが既にやっているんだけども
アロマの話のような感じがするがさてさて………????




追記は「キャラクターしりとり」です。ロゼッタのスタンド

追記
posted by なたる at 01:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ニチアサ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。