最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2013年11月26日

第383話「革命をLet's shout!」



映画の感想だけのブログってのも寂しいので、近況報告でも書いていこうかな。

・今後のブログについて

数ヶ月前と違って今はやってることが多いので、更新頻度は確実に減ると思います。
ブログ更新が続かない一番の理由を冷静に分析したら、やっぱり初期の頃から自分でも問題だと思ってる「1回の記事に対する分量の多さ」最大の原因だったりします。
以前までは気にしていませんでしたが、ここにきて問題点であることに気づきました。私バカすぎるぜorz


今後はできるだけ文章量を減らし、写真記事は1回の記事あたりに貼る写真の数を半分位まで減らして数回に分けてUPしていくことにします。
具体的な数値も決めておいたほうがいいかな。
文量はしりとりを除いて2500文字以内(レビュー記事は4000文字以内)、写真枚数は一度の記事につき4枚まで!
今後はそうします。

・近況報告

まずは動画から。
ブログでは「LIVE A LIVE」Part26(SF編Part1)の紹介で終わっていますが、無事完結しました。



スーファミのRPGは色々とプレイしてきましたけど、この作品は後世に語り継ぐべき傑作だったんじゃないかって勢いで面白かったです
発売当時クソゲーのレッテルを貼られていたというのが残念でならないです。
今でもツイッターでライブアライブ関連で活動している方をよく見かけるほどですし、知る人ぞ知る作品なんだなぁ。


現在はこちらをプレイ中。




こちらは、東方Projectのキャラクターを用いたライブアライブのパロディーゲーです。
RPGツクールにより4年という期間を経て開発された作品です。
本家へのリスペクトは非常に高いものなんじゃないかと思います。

これは余談ですが、このゲームを知ったと同時に「クローンゲーム」という単語を知りました。
いはいるグレーゾーンということなんですが、難しい問題ですよね。
(著作権云々については私が議論してもしょうがないのでスルーの方向で)




最新版。
現在5編までクリアし、6編目の蓬莱編スタートした所です。

・ツイッター

ブログには無告知で貼っていましたが、ニコニコ動画専用のアカウントを作成しました。
様々な理由で本アカであんまりニコニコでの話をしたくないと思い、2個目を作成しました。
私の動画を見てくださっている方との交流も目的の1つなのですが、積極的にリプライを送ってくれる方も多く、楽しく呟いています。


・リアル話

バイトが辛い。月もらえるお給料は今まで働いたバイトの中でもぶっちぎりでNo.1ですが、反面厳しいかつ難しいです。

単位がヤバイ。2学期入ってからバイトがキツい影響でほとんど行ってない授業がありますw
今のところ意図的に捨てようと考えた科目以外単位を落としたことがないんですが、今回はちょっとまずいかもw

夏休み入ってから通い始めた自動車学校は、現在7割方終わった感じです。
実技担当の先生が厳しい方なので毎回キツいです。
厳しい方が絶対いいとは思ってるんですが、メンタルがそれについていけない。

うわ、リアルボロボロだな私。書いていて自分でも悲しくなってきたwwwww


思いつくこと書きまくりましたが、次回はまどマギ関連の写真でも貼りたいな。いつ更新になるかなぁー(遠い目


追記は「キャラクターしりとり」です。デュラハンの中で一番カッコいい

追記
posted by なたる at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

第382話「『NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013+』ライブビューイングを見てきました。」



うわぁ、更新全然してねぇ。(毎回書き出しこれな気がする)
最近は書きたいことはあるんだけど、ツイッターで事足りて「書かなくていいか」ってなってしまうな。
ブログ更新が継続できるモチベーションにするには一体どうしたらいいんだろうなぁ。


今回は水樹奈々さんの台湾ライブを模様を中継していたライブビューイングの感想です!
ライブビューイングではありますが、アーティストのライブイベントに行くのは去年の坂本真綾さんの地元でのライブ以来になります。(ちなみにライブというものに行くこと自体は前回が初めてでした。)

ライブ経験が非常に乏しい筆者なのですが、開始の数分前である違和感を感じます。
というのも、周りにいる方は皆サイリウムを持っていたんです!

前回の真綾さんのライブでは、どちらかというと聴くことがメインになっていたこともありサイリウムを持ってる人はいませんでした。
そのこともあってライブ=サイリウムを持つ、って認識が私の中では飛んでいたようです。
気づいたときには時すでに遅し。
お金に余裕もなかったため物販で買うことも叶いませんでしたorz

しかも、よりにもよって列が最前列だったので後ろから目立つんじゃないか?なんて不安もありました。
周りはサイリウムを振って全力で盛り上がってる中、私は一人拳を振り上げていました。
きっと浮いてただろうなぁ。
ライブに夢中になって私の存在なんて誰も気づかなかったってことを祈ります;


曲自体はほとんど知っていることもあって、序盤からすぐノれた気がします。
最近の曲が多い中、「POWER GATE」や「ETERNAL BLAZE」など初期の頃の曲があったのも良いですね。
噂には聞いていましたが、この2曲は特にライブ定番のようです。


「Lovely Fruit」の歌いだしや、「DISCOTHEQUE」の「チュールチュールチュルパーヤパー」などなど、観客も一緒に歌うパートは初見ビビりました。
まさかのヴァルヴレイヴOPの2曲を歌ったときは、T.Mさんパートを歌ったりしていました。
こういう観客用のパート的なものは初見殺しもいいところですが、それでも何とかついていった感じです。


MCの中で印象に残っていたのは、リリカルなのはが台湾だと18禁指定されてるという話です。
確かに円盤だと小学3年生の乳首券が発行されているけど18禁までされてるのかよw
というかそれ「とらハ3」のファンディスクの話じゃなくて?と爆笑しましたね〜w


台湾のライブということもあってか、ライブ中では度々北京語で話していたりしていたのも印象的。
なんて言ってたのか筆者がわからなかったのが惜しまれます。
アンコールで歌っていた「深愛」でもある部分の歌詞を北京語バージョンで歌っていました!
深愛は台湾のファンの中で一番人気の曲とのことなのでこのサプライズを入れたのでしょうかね?


アンコールの終了後には、中国人の観客による「POWER GATE」の合唱。
ちなみに1日目は「SUPER GENERATION」だったらしいですね。
映画館内では何が起こってるのか意味不明状態でしたが、サビ入ったあたりで「POWER GATE」を歌っていることに気づいていた感じでした。
このコールに対して奈々さんは、1日目にはできなかったサプライズということで「innocent starter」のアコースティック版を披露しました。
最後にまさかの「innocent starter」!
同じリリカルなのはだと「ETERNALBLAZE」の方が人気ありますが、こちらも隠れた名曲ですよねー。


あっという間に終わってしまった3時間。夢のような時間でした。
ライブの何が楽しいって、観客と一緒に作っていく一体感が素晴らしい。
素晴らしいライブだったと終わったあとは猛烈に感動した。


ライブに参加した皆様、及び水樹奈々さん始めライブスタッフの皆様、本当にお疲れ様でしたー!
来年も台湾のライブが決定したとのことなので、もしまたライブビューイングがありましたら駆けつけたいです!
今度はしっかりサイリウムを購入しておきます!←今回一番の反省点


追記は「キャラクターしりとり」です。伝説のクソゲーの3人兄弟の一番上

追記
posted by なたる at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。