最近の記事
(08/28)第553話「ブログ移転のお知らせ」
(08/27)第552話「色々と報告」
(06/11)第551話「映画プチ感想〜『ドラゴンボールZ 復活のF』〜」
(05/29)第550話「ニチアサ感想第50週〜ニンニン12話・ドライブ30話・リセプリ16話〜」
(05/15)第549話「ニチアサ感想第49週〜ニンニン11話・ドライブ29話・リセプリ15話〜」
(05/11)第548話「ニチアサ感想46〜48週〜ニンニン8〜10話・ドライブ26〜28話・リセプリ12〜14話〜」
(04/27)第547話「ニチアサ感想第45週〜ニンニン7話・ドライブ25話・リセプリ11話〜」
(04/24)第546話「22歳になったらしい」
(04/21)第545話「ニチアサ感想第44週〜ニンニン6話・ドライブ24話・リセプリ10話〜」
(04/17)第544話「ニチアサ感想第43週〜ニンニンドライブ合体SP・リセプリ9話〜」
(04/11)第543話「ニチアサ感想第42週〜ニンニン5話・ドライブ23話・リセプリ8話〜」
(04/11)第542話「元気のGは 始まりのG」
(04/04)第541話「『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』感想〜悪夢は繰り返す。何度でも〜」
(03/30)第540話「ニチアサ感想第41週〜ニンニン4話・ドライブ22話・リセプリ7話〜」
(03/25)第539話「映画プチ感想〜『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』〜」
(03/22)第538話「(閲覧要注意)映画感想『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』〜一言で表すならば『面白かったしつまらなかった』〜」
(03/16)第537話「映画プチ感想『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE』」
(03/13)第536話「ニチアサ感想第40週〜ニンニン3話・ドライブ21話・リセプリ6話〜」
(03/12)第535話「一人では無理でも、『ふたり』ならできるって思える。だからッ!プリキュアは『ふたり』なのッ!」
(03/09)第534話「ニチアサ感想第39週〜ニンニン2話・ドライブ20話・リセプリ5話〜」

2011年05月29日

第133話「東方Dimensions弐の符&こんなの絶対おかしいよに行ってきましたー」

今日の11時から開催していた「東方Dimensions」参加してきましたー(公式HP

ゲーマーズでまどかのぷにがちゃを買ってる時、偶然広告を発見しまして。
まどかのイベントと聞いて行った方がいいと思い参加しました。
正確には東方のイベントのおまけ的な感じにまどかのイベントがあったんですが、広告にはマミさんのイラストが描いてあったので、公式サイト発見するまで、まどかオンリーのイベントだと思っていたのは秘密。

一人で行くよりは複数と……ということで、中学の頃のアニメ友達と再開するという名目で誘って、二人で行きました。
10時にテレビ塔に待ち合わせし合流。
整理券をもらって適当に周辺をぶらぶらし、10時半に列に並びます。
スカイプで何度か通話してはいるんですが、3年ぶりの再開ということで結構話も積もりまして。
「花いろ面白いよねー」
「電波女面白いよねー」
「シャフトでアニメ作っておけば大体は成功するって風潮あるよねー」
「あの花見ようぜー」
「アリア一話で切ったわ……」
「美琴の目ざましアプリだと!?」
「えむえむっ!の作者が亡くなったのは辛い」
「シュタゲはルカ子がガチ」
(下2つは友達の発言)
そんな他愛もないオタクトークをしていると、私と友達の前に並んでた人が、私たちにバレないように苦笑していたのを見て「あの人も結構アニメ見てるんだろうなー」とか思ってたり。
私は上から3つ目の発言した時に気づいたんですけど、もしかしてシャフト信者とか思われてたら嫌だな

11時
「開場しまーす」の合図とともにゆっくりと2階の階段へと登っていく。
そこにはたくさんの本やグッズを販売・展示してあって圧巻でしたね。
私が即売会に行ったのは今回で2回目(去年「東方北都祭」に参加しました)なんですが、あの独特の空気が好きです。

ただ、今回は3年前の友達の借金を返すということもあり、資金面が圧倒的に不足してしまいまして、あんまり買い物ができなかったのが残念でした。
あんな同人誌やグッズが欲しかった…!!!!

11時50分ごろ
一通り回り終えて友達と休憩スペースで、パンフレット(入場券)に付属していた学力テストなるものを二人で解いてました。
「学力テスト」とはようするに東方とまどかのクイズ用紙で、回答したものを指定した場所に提出して一番性回数が多かった人が入賞するという者です。

まどかの方のクイズはこちら!
(掲載しいてのか分からないので原文まんまではなく意訳)
(その時書いた回答なんで正しいかどうかは分かりません)

使い魔級(初級相当)
・まどかの前に現れた「魔法の使者」を名乗る白い四足歩行の動物は?
 私の回答:キュゥべえ
間違えやすいんですが、きゅうべえ・キュウベエ・キュウべえ・きゅうベエではありません。キュゥべえです。選択肢にQBってあるけどなんというひっかけ。
・「こんなの絶対おかしいよ」は第何話のタイトル?
 私の回答:第6話
 選択肢にある第3話は「もう何も恐くない」 第8話は「あたしって、ほんとバカ」 第10話は「もう誰にも頼らない」
 タイトルは一字一句覚えてます!
・DVD/BDのとらのあな全巻購入特典は?
 私の回答:タペストリー
 今の時代にテレカと缶バッジが全巻購入特典とは考えにくい。収納ボックスはゲマズとアニメイトとHMVのみだったような気がする。
・第4話の予告イラスト担当は?
 私の回答:小林尽
 選択肢1番はこのイベントの主催者さん、3番の氷川へきるさんは第2話なのは分かるんだが、残る選択肢はウエダハジメと小林尽。当てずっぽだ!
・DVD版まどかの初週売上
 私の回答:9,000枚
 DVD/BD売上チェックは欠かさずしてるので間違いない……はず。

魔女級
・第9話で杏子がまどかにあげたうんまい棒の味は?
 私の回答:コーンスープ味
全く分かりません。当てずっぽうです。完全に盲点だった
・マミさんの初期段階の必殺技名
 私の回答:アルティマ・シュート
台本流出した時から発覚した話。
漫画版で「フィロ・フィナーレ」なのは変更前段階の脚本を見てたからだったとか。
・魔女まどかの名前と性質は?
 私の回答:「救済」の魔女・性質は「慈悲」
 公式サイトにだけ載ってる裏情報の奴ですね。まどかというキャラクターを考えてこれにしました。

ワルプルギス級
・第1話の「造園の魔女の使い魔」が歌っている言語は何語?
 私の回答:ドイツ語
 選択肢の「造語」はBGMだけだったか?これは考察スレッド調べないと厳しいですね。勿論当てずっぽう。

エントロピー級
・魔女文字を解読せよ!
 これは画像ないと分かりづらいと思うんであげます。
 
 私の回答は描いてる通り「マミマミ」(マミる的な感じの)全く分からなかった。

これ全問正解した方いるのかなぁ。
ネット開ける環境あれば出来るかもしれないが、自力ではワルプルギスあたりから無理ゲーです。

ちなみに、買い物が終わって13時ごろ抜けようと思っていたので、残念ながらクイズは回答しただけで、クイズ大会自体には参加しなかったんですよね。

12時半
パンフレットに同伴されていたビンゴカードを使ったスピードビンゴ大会が開催されました。
ルールは、真ん中+角を開けてビンゴという最低2回でビンゴできちゃうという忙しい人向けのビンゴ大会。

しかも景品が最後の方にビンゴしていった人の方が豪華という逆転の発想です。
最初にビンゴした数十人の方はうまい棒がもらえました。(杏子ちゃんが差し入れとして持ってきた「うんまい棒」らしい)
うまい棒が終わると次は東方&まどかの市販グッズ。東方の方は見ていなかったので詳しくは分かりませんが、まどかの方はクリアファイルやミニタオル、主催者さんが開発?したらしいほむほむの手榴弾などバラエティー豊かなラインナップでした。

その時の司会者さん(主催者の方かな?)の面白いトークを交えながらビンゴをしていくんですが、聞こえていたかどうかは別として、その時の私のテンションは相当高かったと思う。

「最初にビンゴした人の景品はうまい棒でーす」 「エー(会場のざわめき)」 私「そんなの絶対おかしいよ」(気のせいかもしれないけど後ろから「おかしいよ!」って続いた人いた気がした)
「ビンゴしましたかー?」 「飲み込みが悪いのね。見逃してあげるって言ってるの」(自分でも何で言ったのか分からない)
(私がビンゴした時)「ティロ・フィナーレ!」(友達「……」)

痛い人すぎるな私。
なんか色々おかしかったです。反省はしているが後悔なんて、あるわけない。
……まぁ、お祭りごとということで大目に見てください!

↑に書いてる通り、ビンゴは当たりました。
しかもうまい棒ラッシュの直後だったのでまどかグッズをゲット!
ほむほむの手榴弾は先をこされてしまったので、まどかのミニタオルをもらいました。
ちなみに、私の直前に景品もらってた人がさやかのミニタオルをとっていたのですが、主催者さんが「さやかちゃんファンがいてよかった」って言ってたのは吹いた。さやか嫌いな人は「そんなの、わたしが許さない」
更に、ビンゴした時主催者さんに「もう何も恐くない!」ってどや顔で言おうと思ったってのもは内緒。絶対内緒←逝

ビンゴも終わり、一息ついた所で退散しましたー。
短い時間ながら楽しいひと時でした。もっと財力と時間があれば……!

関係者及びサークル参加者及びイベント参加者の皆さん、お疲れさまでした〜
IMGP0024.JPG

今日の収穫。同人誌もっと買いたかった……!ラミカとかも買っておけばよかったなと。
唯一買った本はタイトルに惹かれて買ってしまいました。
右上がビンゴの景品。メイトやゲマズで市販されてるミニタオルです。

さて、久しぶり&長文の記事となりましたが、明日からはテスト勉強するんでテスト終了まで更新停止とさせていただきますです。(元々更新頻度下がってるんだけども)
何か用事がありましたらコメントなりメールなりでどうぞ。

「追記」はキャラクターしりとりです。追記
posted by なたる at 23:09| Comment(0) | サブカルチャー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

第132話「最近の私その1〜サモンナイト〜」

パソコン全然やってねぇ。代わりに積みゲーを少しずつ消化しています。

今の所消化したのは約30本中3本。

・風のクロノア(PS)

クリア。グッドエンドはそのうち出す予定

・ガンダム無双3(PS3)

ストーリーミッションのみ全部クリア。
ラスボスのナイトガンダムの台詞的にグッドエンドありそう。

・アークザラッド(PS)

前回の記事参照。ストーリー中途半端すぎるが次回作が良作の予感


現在は「サモンナイト(PS版)」を消化中。


中古で1000円前後でしか見たことなかったんですが、最近420円で発見し購入。
シリーズは外伝の「サモンナイトエクステーゼ」しかやったことなかったんで、本編シリーズは初です。
難易度は簡単と各レビューサイトに書いてあったんですが、主人公を始めとしたキャラクターがまだ弱い第2話までは地獄です

現在は第4話でジンガが仲間になった所です。

まず、「誓約のちから」というのを使って魔法や召喚獣の技を習得していくんですが、失敗するパターンが非常に多い上に、結果が発動するまで分からないので(DS版では発動前から分かるらしい)、技を覚えるのが運任せという奇妙な事態が起きます
あまりにも失敗が多いので本当は使いたくなかったんですが、「誓約のちから」のどの組み合わせで魔法を覚えるのかなどは攻略サイトで調べてやっています。(じゃないと膨大に時間かかるので……)

気になることはまだあります。
待機型(キャラクターごとに、相手のターン中に攻撃された時「反撃」か「防御」を選択できる)も「反撃」にしてると、ただでさえ紙装甲なのに倍以上のダメージを叩き出されて仲間が一撃で倒されてしまう……なんてこともあり、たった1回のミスで死を招きます

また、フリーマップエリアという経験値稼ぎ出来る場所が出来てからはレベル上げも余裕……かと思いきや、1回クリアしてしまうとまとなEXPがもらえません。経験値稼ぎ場所のはずなのに!
一個攻略するのに時間かかる割に合っていません。攻略に途方もない時間かかりそうです。

それでも第3話以降はそれなりに仲間も強くなっていくので、現在は上記の不満点は解消しつつあります。
特に一度覚えれば魔法は強力な技。ボスでも致死量のダメージを叩き出してくれます。

夜会話がギャルゲーチックなんですが、ずっと同じキャラ選んでると攻略とか出来るんですかね?
ちなみに私は終始リプレしか選ぶつもりないです。初々しい田村ゆかりさんボイスが溜まらん!


「追記」はキャラクターしりとりです。

追記
posted by なたる at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

第131話「『アークザラッド』レビュー〜7人の戦い〜」

「追記」からレビューとなります。

キャラクターしりとり
(ルールはこちら

VOL.055
(前回:ゾーク)

00055kukikiiti.jpg
九鬼貴一(くき きいち)
作品名:「テニスの王子様」
単語:「く」→「ち」
説明:超次元テニス漫画「テニスの王子様」に登場する迷脇役。
東京都内にあるらしい柿ノ木中学のテニス部に所属する3年生の部長。
柿ノ木中学は、王者立海大附属と何度も練習試合をするほど強豪中学だったらしい。
更に、都内の中学校に「手塚」の左腕負傷説の噂を広めた張本人でもある。
しかし、地区予選の準決勝にて不動峰中と当たる。相手は「伊武深司」でストレート負け。

出番は序盤のたった数コマなのだが、この言いにくいのが逆に覚えやすい名前と、不動峰と対戦する前に対戦した学校の相手選手を圧勝した時に放った「お前は決して弱くない。俺が強かっただけの話だ」というインパクトある言葉を残し、テニプリ界の隠れたギャグキャラとして有名である。

声優は竹本英史氏。個性豊かなおじさんキャラを演じている方で、その片鱗は「ギャグマンガ日和」を観れば理解できるだろう。
メジャーな作品だと「テイルズオブヴェスペリア」のレイヴンが一番有名だと思われる。

追記
posted by なたる at 22:21| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

第130話「負けない愛がきっとある」

リニューアルした途端更新する気力がなくなってしまいました

要約しますと、ツイッターにも書いたんですがこちらにも書きますと、

・繰り返しの毎日に飽きてきて、更新する気力がわかないのもその一環
・更新停止をするわけじゃないが、以前のような毎日更新は恐らくもうしない

というわけで、これからはマイペースに更新していこうと思うんでよろしくお願いします。

以下日常話

・更新してない間は数年ぶりくらいに「ロックマンX4」をプレイしてました。ゼロとエックス両方クリア。
ロックマンファンとしてもそうじゃない人にも名作と名高い作品ですが、数年ぶりにプレイすると「ん?」と思う所もちらほら。
ガキの頃はそんなことあんまり感じてなかったんですけど、X3までと比べてスピード感がかなり減ってるなぁと感じた。
その代わり、雑魚を一掃する爽快感が上がっている。
ゼットセイバーをキャンセルして雑魚を斬るのは結構楽しいですしね。

後、稲船さんのゼロびいきよろしくエックス編のストーリーが意外にも薄いことに気づいた
ゼロの場合は、戦友・その戦友の妹とかげがえのない存在を自らの手で殺してしまうという悲劇的なストーリー(その妹を殺した時のゼロの台詞はCMで発売前にネタバレしちゃうくらいの名言です)なんですが、エックスの方はポっと出の部下一人。しかもあんまり出番がないから感情移入も糞もない。

結論だけ言うなら名作です。難易度もさほど高くないから入門作にもいいかも。
こうしてプレイし直すと突っ込みたい所があるというのは年齢が上がった故なんでしょう。


コメント返し

>エルさん

ブログ訪問ありがとうございます!大したこと書いてないけどよろしくお願いします
m(    )m

「追記」はキャラクターしりとりです。

追記
posted by なたる at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

第129話「『魔法少女かずみ☆マギカ』『魔法少女おりこ☆マギカ』第1巻感想」

地元は2日遅れなので昨日やっと発売しましたー
IMGP0013.JPG
アニメイトにダッシュで買いに行きました。
まどか漫画版1・2巻買った時はまるで競争のように売りきれていたのですが、今回は意外と売れ残っていて良かった。

IMGP0016.JPG
まどか漫画物全員集合。それぞれに絵の癖があるって感じですね。

・感想まとめ

まず両方に共通して言えることは、申し訳ないんですが出来は同人レベルで、お世辞にも面白かったとは言えなかったです。

アマゾンや各方面のレビューサイトも結構読んだんですが、やっぱり絵が万人受けしないのがネックですかね
確かにアニメの方の「まどか」も万人受けするキャラクターデザインではなかったです。
知り合いにも結構うめてんてーの絵が好みじゃなくて見たくないって人多いですし。
その点漫画版の「まどか」は特徴抑えて柔らかい感じのタッチで良かったとは思います。

「かずみ」の場合、デザインが際どい。(あまり本編内では強調してないけど)
「おりこ」の場合、刺々しい画風が同人っぽさを出しているといったところです。

画も勿論ですが、個人的にはそれやストーリーよりも戦闘シーンが一番微妙でした
何をやっているのかが非常に分かりにくい。
「かずみ」の3人で協力して魔女を倒すシーンとか「これで魔女倒したの!?」ってくらい分かりにくかった。
既存のキャラクターが戦っている分「おりこ」の方はセーフだったかもしれないが、どちらも何が何だかさっぱりで何回も読み直してしまうほど。

意外にも、アニメ版「まどか」の戦闘シーンは秀逸です。第2話のマミさんとか何度見ても鳥肌たってしまうくらいです。
それと同じようなものを漫画に注文するのが無理な話なのは承知の上ですけど、これはあまりにも分かりにくすぎ。

個人的に最高傑作だったともいえる「まどか」の外伝漫画というだけあって期待は高かったんですが、もう少し頑張ってほしかったかなぁ。

ただ、「かずみ」の場合は第4話から物語が大きく動き出すなんて話を聞きましたし、「おりこ」の方も続きの気になる終わり方をしたので、続刊に期待します

一応書いておくが、どちらもアニメ版「まどか」を見ていなくても読めるようになってはいるが、「おりこ」に関してはアニメ版「まどか」をしっかり見終わった後に見た方が楽しめると思われる

以下、個別の評価。

・魔法少女かずみ☆マギカ

まどか達とは一切関係ないかずみが主人公の外伝作品。アニメ版「まどか」放映時からまんがタイムきららフォアードで連載していたらしい。

本作の特徴は、総勢7人の魔法少女が一斉に戦闘に参加し、協力するという点。
お互い敵同士であることが多かったアニメ版「まどか」からすればとても信じられない光景。
しかし、まだ所詮数だけといったところ。
「魔法少女リリカルなのはStrikers」のナンバーズを見ているような気分になった。

アニメ版「まどか」ではマミさんしかついていなかった攻撃の技名が本作の魔法少女たちは結構使っています。
そういう点を踏まえてアニメ版「まどか」と差別化しているのはよく分かるんですが、魔女に関する根本の設定が別物だったり、全体的にほのぼのしているせいかまどかという作品を見ている気分ではなった。

まだ導入部で第4話から物語が大きくとのことなのだが、3話まで見た感じだとまどかとしての魅力があまりにもかけ離れているせいで、外伝作品にする必要あったのか?といった所。

判定(1巻時点での評価)
凡作・中(5点/15点)


・魔法少女おりこ☆マギカ

アニメ版とは全く違った時間軸の話。(少なくとも本編の時間軸ではないことは確定
まどか達が全く登場しないかずみとは違い、本作はさやかを除く4人の魔法少女が登場している。

アニメ版の中盤から見せていた陰鬱な作風はしっかり再現できているのだが、前述通り絵のせいでマイナスになってしまっている感じ。
おりこと冠してはいるものの、実際のおりこは敵側に描かれている。ダークヒーローという感じなのかもしれないが、印象が薄い。
ジャンル的にはかずみとは違って「猟奇もの」って感じに描かれていて、残酷なシーンも多い。

アニメではあまり描かれなかった杏子やマミさんの一面、何よりアニメでは一切なかった杏子とマミさんの会話シーンがあるだけで読む価値はあると思う。

判定(1巻時点での評価)
凡作・上(6点/15点)

追記はキャラクターしりとりです。

追記
posted by なたる at 23:27| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第128話「再開(このブログについて)」

最新版:2015年1月25日更新


はじめに

初めまして。当ブログの管理人であります大森なたゆうと申します。
そしてようこそ!ここはぴかりが丘にて営業中であります「おおもりご飯」のネット支部です!
……というのは冗談ですが閲覧いただきありがとうございます!
当ブログは、「ハピネスチャージプリキュア!」の大森ゆうこちゃん愛する大森なたゆうがどーでもいいことを書き綴っている場になります!
私の詳細なプロフィールはこちらの記事を参照してください!


この記事では、このブログについての説明や諸注意が記載されています。必ずお読みの上閲覧してください。

・当ブログは、以前使用していた旧ブログからの継続更新という形を取ります。(→初代ブログ
説明しますと、初代ことFC2ブログは自由度が高い代わりにサーバー関連でことごとくトラブルを起こしたため、Seesaaブログを二代目として使用することにしました。

・このブログでは、主に今昔問わずにサブカルチャーについての話題を取り上げています。
具体的な記事内容については、下記の「記事内容について」の項目をお読みください。

・当ブログ内の「サブカルチャー」とは、以下のジャンルのものを指しています。
 
 ・アニメ(TVアニメ・OVA・アニメ映画etc)
 ・ゲーム(TVゲーム・携帯ゲーム・アーケードゲームetc)
 ・漫画(少年少女青年児童女児向けetc)
 ・特撮(TVシリーズ・特撮映画)
 ・ライトノベル
 ・その他これらに準ずるもの


・記事内容について

カテゴリ別で説明します。
気になったものがありましたら、記事サイドバー内(スマートフォンの場合はページ下部)にあります「カテゴリ」の項目からクリックして好きな記事をお読みください。


・ニチアサ感想

ニチアサキッズタイムの感想を毎週書いています。
対象作品はスーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュアの3作になります。


・ゲームクリア報告

クリアしたテレビゲームの報告及び軽い感想を書いています。

・動画

実況動画の話を書いています。宣伝記事です

・コメント返し

当ブログに頂いたコメントを返しています。

・黛なたる的用語辞典

筆者が書きたくなった何らかのサブカル関連の単語を1つの記事として辞典形式で説明します。


・日記

名の通り日常についてを書いたもの。たまに日常じゃないことも書いてます。
携帯で撮影した写真を晒してる記事もあります。


・レビュー


主に筆者が視聴し終わったアニメ作品・クリアしたゲーム作品のレビュー記事です。
一度に複数の作品の感想を書くミニレビューという形式を取る場合もあります。
ちなみに、この記事でつけている点数は感覚的な所があるのであまり参考になりません。


・感想

サブカルチャー作品に関する感想をまとめています。
主に、更新日の近くで上映された映画作品と、レビューで詳細的に書くまでもない作品が多いです。
レビューとの最大の違いは、点数をつけない所です。

点数つけてるのはレビューつけてないのは感想です。
ちなみに、点数はほぼてきとーです。


・プチ感想

サブカルチャー作品に対する1500字〜2000字前後のちょっとした感想記事です。
ようは、感想の短くなったバージョン。


・イベントレポート

アニメ映画やイベントなどでの当日の筆者の行動と、それについての感想を書いています。
「日記」と「サブカルチャー感想」が合わさったようなものです。


・サブカルチャー全般

上記に該当しないけどサブカルチャーの話だけをしている時はこちらを使用します。


・ニュース

まとめブログで取り上げられた記事で、気になったものをピックアップしています。
その記事に関する私見も書いています。


・業務連絡

この記事や当ブログの長期更新停止の時など、このブログに関する連絡事項を書く際に使用します。


・その他

上記のどの内容にも該当しない記事。
要するに、記事ではないブログの構成をまとめるページです。
思いついたら他にも使うかもしれない。


・凍結しているカテゴリ


・まじこいSプレイ日記

連載記事。「真剣で私に恋しなさい!S」のプレイした感想を書いていました。


・テレビアニメ作品ミニ感想

連載記事。主に深夜アニメ作品の週ごとの短い感想まとめ記事でした。


・MF2育成日記

連載記事。モンスターファーム2のプレイ日記でした。


・各期テレビアニメ作品総評

深夜アニメ作品の放送時期の季節を区切りとして、その季節ごとの総評を書いていました。


・キャラクターしりとりについて


毎回の記事(例外有)に書かれている連載記事です。
サブカルチャーのうち、アニメとゲームと漫画に登場するキャラクター達で毎回繋げていくしりとりです。
以前のブログから継続してスタートします。ルールについては初代ブログ参照で。
一部紹介したキャラクターのうち、作品のネタバレは自重していないものもあります。ご注意ください。
また、キャラクターしりとりは「業務連絡」のカテゴリ記事には書いていません。


・その他注意事項


確定ではない情報・事実とは異なることを書いてしまう場合があります。
もし間違えた情報を書いていた場合、分かり次第早急に修正します。

・基本的に記事の文章は長いです

非常に誤字脱字が多いです。
当ブログでは、一度更新した後にチェックして随時修正していく形を取っています。
レビューでは字体を統一しています(つもり)が、それ以外の記事では話し言葉など文章にふさわしくない言葉や単語を書いている場合があります。ご了承ください。

・中立に書こうとは思っていますが、嫌いなもの(作品)に関しては情け容赦なく批判をする場合がありますあくまで筆者個人の意見であることをふまえて読んでください

・デジカメや携帯で写真を撮っていたりネットで保存した画像を使用していますが、著作権に触れるものは著作者に許可は得ていませんので不都合がありましたら早急に削除します。

・このブログは携帯からの閲覧も可能ですが、PCでの見やすさを重視している都合上見づらくなっている部分が多々あります。
理由は、PCと携帯のレイアウトを別々に更新しないといけないため二度手間で時間がかかってしまうからです。
PCからの閲覧を強くオススメします
というかPCで見てください(スマーホフォンで閲覧してる方はPC版での閲覧を強く推奨します)


リンクはフリーです。相互リンクも大歓迎です。お気軽にどうぞ!


・コメントはご自由にどうぞ。
コメントが付けられた場合、その次の記事に返信しています。
なお、筆者がコメントとして不適切であると判断した場合は宣言なしに削除する場合もあります。ご了承ください。


このページは度々更新されてます。


・何か意見・ご連絡などがありましたらコメントに書くか、下記の連絡先よりどうぞ。


メールアドレス→obiwan_strike_x4@yahoo.co.jp
Twitter(フォローしてリプライいただければ一番早く返信できます)
https://twitter.com/natayuu_x2


gardian.jpg
当ブログイメージ担当の女神様


以上、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。
m(           )m

posted by なたる at 03:38| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。